#034「天然工房・銀花」代表、松本真紀さん(2017/05/26)

前週に続いて「天然工房・銀花」代表、松本真紀さんをお迎えしました♪





幡多郡大月町の特産品の《土佐備長炭》を磨いてアクセサリーや雑貨をつくっている松本さん。最近では商品製作が追いつかず、注文を受けてから順番に製作していく“受注生産”の状態となっているそうです。ご注文の品はご要望・ご予算を伺ったうえで相談しながら提案させていただき、製作を進めています。備長炭アクセサリーについては「天然工房・銀花」の Instagramfacebook ページの画像を参考にしてください。金額の目安は下記のとおりだそうですよ。

■ マドラー 1,000円~
■ 素材を活かしたアクセサリー 2,000円~
 (あまり加工する事なく素材の形のままでつくれるもの)
■ 加工アクセサリー 3,000円~
 (雫や勾玉など備長炭を象って磨いたもの)
■ 鯨のしっぽ 5,000円~
 (大きさや備長炭の艶や木目などで金額は変わります)
■ 箸置き 700円前後~
■ ストラップ類 700円前後~
 (備長炭の素材や諸々の事情で金額は大きく変わります)



鯨のしっぽや勾玉アクセサリーなど、カワイイ商品が多い「天然工房・銀花」さんですが、このたび新商品が登場しました! 名前は・・・、癒し玉『KIYOMARU』♪

2016年に棒状のツボ押しを発表したところ、とても評判がよかったので、もっと手軽に使っていただけるものを!と思って考えたのがこの『KIYOMARU』。手のひらでコロコロ転がすだけならテレビを見ながらでも出来ると思って備長炭を丸く削ってコロコロしてみると・・・コレがとっても気持ちいい (まんまるではなく、ちょっと いびつな形の方が良いようです)身も心も清まりますようにとの願いを込めて『KIYOMARU-キヨマル-』と命名したそうです。



備長炭は人肌にあたたまると遠赤外線を発しますのでツボ押しには最適!
商品モニターさんからもこんなご感想をいただいているそうです。


『KIYOMARU』は手のひらで転がしていると温かくなってきて、気持ちが柔らかくなって癒されます。肩こりや腰痛のときも患部に当てて転がすと緩む感じがします。手に持ってるだけで落ち着きます。

これも《土佐備長炭》を使っているからこその魅力ですよね♪



  
 ■ 松本真紀さんからのリクエスト曲

 ♪ Don't Give Up Yourself!! / HAN-KUN

 この曲を聴くとモチベーションが上がるので
 気合いを入れるときに聴いているそうです。
 歌詞のフレーズの一つ一つが心に凄く響いて
 いちいち感動しながら聴いているそうですよ。




現在は土佐清水市を拠点に、イベントでの販売や、お客様からの注文を受けて製作販売するスタイルを採っている「天然工房・銀花」さんですが、今年中に工房・ギャラリーが持てそうだということです。松本さんが生まれ育った四万十市で、大好きな四万十川の沈下橋を臨む絶景の場所にある家を借りることが出来たそうで、そこを工房・ギャラリーにするほか、四万十市天神橋商店街のチャレンジショップへの出店も検討しているんだとか。山々を貫く雄大な四万十川を肌で感じながら作品づくりが出来ると思うとワクワクが止まらないという松本さんです。



また四万十市中村では、新たに備長炭の生産が試みられています。今城正剛さん(78歳)と千恵子さん(77歳)のご夫妻が、若者が働ける場をつくろうと60年ぶりに炭焼きを再開したそうで、この話題は高知新聞にも掲載されていました。ご夫婦は地域の雇用や産業にしたいと大きな窯をつくり、日々奮闘しているそうです。お2人とも70代後半とは思えないパワフルさで、松本さんもお話をしているだけで元気がもらえるんだそうです。今後何か一緒に出来たらと考えているそうですよ。



最後に、松本さんの今後の目標や夢を伺いました。

《目標1》 海外に向けても情報発信・販売をしていきたい!
燃料としてだけでなく、浄水、調湿、消臭、遠赤外線などの効果がある備長炭は世界に誇れる素材です。中でも《土佐備長炭》は日本の三大生産地(紀州・土佐・日向)のひとつに数えられるほど品質の良い備長炭ですので、海外の方に対しても情報を発信していき、販売ができたらと語ってくださいました。

《目標2》炭づくりからすべて自分で手掛けた作品を創りたい!
いつか自分がウバメガシの素材から選んでアクセサリー用の備長炭を焼き、それを磨いてアクセサリーに仕上げたいという夢を語っていただきました。でもその夢が実現しても、大月町の備長炭はずっと使わせていただきたいと思っているそうですよ。


土佐清水市のホテルに勤務していた頃には『備長炭にとりつかれた女』と呼ばれていたという松本さん。“森の宝石”とも言える備長炭に出会ってから、たくさんの素敵な方々と宝物のようなご縁を繋がせていただいたと、備長炭への熱い思いをお話しいただきました。これからも素敵な作品をつくっていってくださいね



松本真紀さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。
女子3人による “すっぴんトーク” を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #034 松本真紀さん(2017/05/26)


次週は「リトミック研究センター高知第一支局」支局長、前田麻記子さんをお迎えします。

音楽を使って、身体的・感覚的・知的に優れた子供たちを育む《リトミック教育》に携わっている前田さん。仕事にかける思いや今後の夢について伺うほか、《リトミック教育》の効果についても語っていただきます。次週もどうぞお楽しみに!



スポンサーサイト

#033「天然工房・銀花」代表、松本真紀さん(2017/05/19)

5月19日のゲストは「天然工房・銀花」代表、松本真紀さんです♪



松本真紀さん
四万十市のご出身です。土佐清水市のホテルに勤務していた頃に、土佐備長炭をつくって地域おこしをしている大月町の方々と知り合い、また備長炭を磨くと美しく光ることを知って、備長炭を使ったアクセサリーづくりを開始。現在は「天然工房・銀花」の代表として、備長炭を磨いて出来た数々のアイテムを取り扱っています。





 ▲ 土佐備長炭でつくった「風鈴」「マドラー」「鯨のしっぽネックレス」です(^^)♪ 


子供の頃から絵を描くことが大好きで、大きくなったら漫画家や絵本作家になりたいと思っていた松本さん。また手芸や木工など、何かを作ることも大好きで、ウサギ小屋を自分で作ったこともあるそうです。やはり何かを作るというお仕事に就く方は幼い頃からその下地が出来ているんですね♪

そんな松本さんと土佐備長炭との出会いは今から5~6年前!幡多地域で発行されているフリーペーパー【はたも~ら】に掲載されていた記事がきっかけでした。そこには『大月町の備長炭で地域おこし』という記事が載せられていて、廃れそうになっていた地元の伝統的な産業が再開され、若い人たちが地域のために頑張っていることを知って感動したそうです。

その後、足摺岬のホテルで仕事をしていた頃に、偶然にも備長炭をホテルに導入する担当となり、大月町の備長炭の炭窯に見学に行く機会に恵まれたんだとか。そのときに【はたも~ら】の記事で紹介されていた大月町備長炭生産組合の事務局長さんと炭焼職人さんの熱い思いに触れて「自分も備長炭を使って何かしたい!」という思いが強くなったそうです。そんなある日、炭焼職人さんのブログに『備長炭でマドラーをつくる』という記事があって、備長炭を磨くと光ることを知った松本さん。それなら備長炭を磨いてアクセサリーをつくることが出来るのでは?と思って、今につながる活動が始まったのでした。





松本さんがアクセサリーを作る際に使うのは、大月町の炭焼職人・濱田勝正さんが生産した備長炭に限るそうで、ご本人曰く、特に炭のことが解るわけではないんですが、炭には人柄が表れるんだなと感動したので、その感動した職人さんの備長炭限定で作っているんだとか。機械のものではない、手づくりのものだからこそ、作り手さんの思いや人柄が表れるんでしょうね。素敵なお話をお聞きしました♪(^o^)/



  
 ■ 松本真紀さんからのリクエスト曲

 ♪ 夕暮れのたもと / 秦基博

 秦基博さんのやさしい声が大好きで、
 歌声を聴いてるだけで癒されるという松本さん。
 辛い時や悩んでいる時に聴くと、すぐそばで
 寄り添ってくれているような安心感を覚えるそうです。




「天然工房・銀花」は実店舗がなく、唯一、土佐清水市浦尻の「FARMHOUSE CAFE」さんに委託販売をお願いしているほか、イベント出店や口コミにて販売を行っています。ネット販売を目指していますが、なかなか在庫をつくることが出来ず、お客様のご要望をいただいてオーダー製作している状況なんだそうです。

取り扱っている商品には、一番人気の鯨のしっぽアクセサリーや、勾玉アクセサリー、マドラー、風鈴、最近人気のツボ押しなどがあり、ご注文やお問い合わせは「天然工房・銀花」のホームページから出来ます。是非一度覗いてみてください。ちなみにこの「銀花」というのは雪のことで、将来自分の店を持つようになったら使おうと、松本さんが子供の頃から温めてきたお名前なんだとか。子供の頃に雪が降ると珍しくてワクワクしていた そんな想いを商品をとおして感じてもらえますようにとの願いが込められているそうです。





備長炭を磨いてアクセサリーや雑貨をつくっている方は全国でも少なくて、兵庫県にお一人知っているそうですが、ほかには聞きませんね♪と語る松本さん。イベント出店などの際にはお客様の反応を観察しているそうで、ほとんどの方が「えーっ、これ炭?」と驚き、触ってみて指が黒くならないかを確認(笑)。そして「軽い」「キレイ」などと言いながらクンクンと匂いを嗅ぐそうです。面白いですね。ちなみにピカピカに磨いた備長炭は炭が手に付くことはなく、匂いもしないそうですよ。


そんな松本さんが仕事をするうえで大切にしていることを伺いました。

備長炭は燃料としてだけでなく、浄水・炊飯などに利用できるほか、調湿、消臭、遠赤外線効果などもあり、農業や住宅環境にも活かせる素晴らしい素材です。その備長炭で創ったものを使われる方が「健やかで幸せになりますように」との思いを込めて、一つ一つ手づくりさせていただいています ── とお話しいただきました。

地元フリーペーパーの記事で大月町産の土佐備長炭を知ってから、どこか吸い寄せられるように備長炭の奥深い世界へと辿り着いた松本さん。一つ一つ思いを込めて作っているという作品からは、備長炭や、それを作る職人さんへのリスペクト、また松本さん自身の熱い思いが感じられるような気がします



松本真紀さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子3人による“すっぴんトーク”を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #033 松本真紀さん(2017/05/19)

次週は、松本さんのプライベートや、今後の夢について迫るほか、備長炭がきっかけで知り合った方々との交流についてもお話しいただきます。 どうぞお楽しみに!



#032「NPO法人にんにん」代表理事、高橋貞子さん(2017/05/12)

前週に続いて「特定非営利活動法人にんにん」代表理事、高橋貞子さんをお迎えしました♪





ご自身の子育て経験から《病児病後児保育》の必要性を感じたという高橋さんにはお子さんが5人いらっしゃいます。年齢は上が31歳から下は14歳まで。お嬢さんが2人に、息子さんが3人です。シングルマザーとして5人のお子さんを育てるには相当なご苦労があったそうで、子供たちを育てるために誰よりも働き、家に帰ってからは多くの家事をこなすスーパーママだったようです。

朝は5時に起きて、9時から会社へ。帰宅は夜中の1時、2時になることもザラだったそうで、家に帰ってからは掃除や洗濯など山のような家事をして、少し眠ってからまた朝5時に起きるという生活!? 睡眠時間は1~2時間の毎日が続き、過労で2、3回倒れたこともあるそうです。ただ上のお子さんが中学・高校になってからは随分と家事を手伝ってくれたそうで、忙しいお母さんに代わって、制服のまま下の子供たちの参観日にも行ってくれたそうです。これぞ家族の絆ですね♪





ラジオをお聞きの方の中には子育てに悩んでいるお母さんもいらっしゃると思います。そんな皆さんに、5人のお子さんを育てた高橋さんからアドバイスをいただきました!

5人の子供たちは個性もそれぞれ違っていて、そういう子育てをしていこうとか、子育て本に書いてあるとおりにやっていこうと思っても、そのとおりには出来なかったそうです。そうして気づいたのは子育てのルールは一つではないこと!マニュアルどおりに行かないのが子育てなんだ。自分の子供をよく見てあげて、一人一人に合わせてやっていけばいいんだ。と思ってから楽になったと語ってくださいました。

何よりも大切なのはお子さんをしっかり見てあげること。
よーく見てあげることで、子供たちが出しているサインに気付くことができ、「な~んだ、この子はこんなふうに思っていたんだ」とか「こうして欲しかったんだ~」ということが分かってくるそうです。子育て本にこう書いてあるからとか、周りのみんながこうしてるからウチもしなきゃとか思わず、気楽に構えられるようになりたいものですね。
  
 ■ 高橋貞子さんからのリクエスト曲

 ♪ キャノンの朝 / ペク・アヨン

 韓流ドラマ『運命のように君を愛してる』の劇中で
 使われたこの曲は、24歳の歌姫・ペク・アヨンの
 透きとおるような歌声が印象的なナンバー♪
 高橋さんもこの曲に癒されているそうですよ。



高知県は昔から共働きの世帯が多く、お子さんを保育園・幼稚園に預けて、ご自身は働きに出ているというお母さんも多いと思います。ですが、お子さんが病気になって保育園・幼稚園に行けないとき、代わりにお子さんを見てくれる知り合いの方はいるでしょうか?そんな人はいない!という方にぜひ知っていただきたいのが、高橋さんが始めた《訪問型病児病後児保育サービス》です。
※詳しくは、「特定非営利活動法人にんにん」をご覧ください!

病気の子供を預かってくれるサービスは、これまでにも「保育園に併設」「病院に併設」という形で何カ所かあったそうですが、そのほとんどが受け入れ可能人数3~6名の小規模施設で、サービスを利用したくても出来ないという方が平成27年度の調査では570人以上もいたそうです。病気の子供を預かってくれるサービスはまだまだ絶対数が足りない状況なのです。

こうした課題を解決していくためには、行政による動きだけでなく、民間レベルで何か取り組んでいくことも必要だと思います。例えば「ママさん社員に子供の病気で休まれると困る」と思っている企業に、福利厚生の一環としてこの《訪問型病児病後児保育サービス》を導入していただくことが出来れば、ママさんは安心して働くことが出来ると思います。企業にとって社員は貴重な戦力です。企業側も、ママさん社員本人も、その日の仕事を進めたいのに、お子さんが発熱して保育園・幼稚園に預けられなくなると、会社を休むしかありません。。。

ママ:「すみません。子供が熱が出たので今日は休ませてください。」
企業:「えっ、そうなの?今日は大事な商談があるのに休まれると困るなぁ。」
ママ:「でも誰も見てくれる人がいないんです。。。」
企業:「うーむ、これは困った。。。」

最近では、大切な従業員に安心して働いてもらうために《訪問型病児病後児保育サービス》を導入する企業が少しずつ増えているそうです。女性活躍の時代 ── 、働くママにやさしい企業がどんどん増えていくといいですね。



最後に、高橋さんの今後の目標や夢を伺いました。

《目標1》 虐待を受けている子供たちの逃げ場を作りたい!
子供たちの痛ましい事故や事件を聞くたびに胸が痛くなるという高橋さん。なぜこの子たちが犠牲にならないといけないのか?なぜ小さな命を守れないのか?困難な状況にある子供たちが逃げて来られる「ここに来たら安心♪」と思ってもらえる場所を作っていきたいと語ってくださいました。

《目標2》悩みや孤独を感じているお母さんたちが心と体を休める場所を作りたい!
子育てをするうえで悩みを抱えたり、孤独を感じているお母さんって、きっと多いと思います。そんなお母さんたちが心を体を休めることのできる場所、「自分は一人じゃないんだ」と感じてもらえる場所を作っていきたいという思いもお持ちだそうです。

子供の頃は保育士さんになりたいと思っていた高橋さん。自らの子育て経験をとおして、子供が、そしてお母さんが安心できる場所を作るべく奮闘しています。高橋さんの挑戦が大きな実を結ぶことをお祈りしています



高橋貞子さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。
女子3人による “すっぴんトーク” を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #032 高橋貞子さん(2017/05/12)


次週は「天然工房・銀花」代表、松本真紀さんをお迎えします。

大月町特産の《土佐備長炭》を磨いてアクセサリーや雑貨を製造・販売している松本さん。仕事にかける思いや今後の夢について伺うほか、《土佐備長炭》の魅力についても語っていただきます。次週もどうぞお楽しみに!



#031「NPO法人にんにん」代表理事、高橋貞子さん(2017/05/05)

5月5日のゲストは「NPO法人にんにん」代表理事、高橋貞子さんです♪



高橋貞子さん
高岡郡津野町のご出身です。シングルマザーとして5人の子供を育てながらWEBの製作・解析などを手掛ける会社「LIFE CREATOR STUDIO」を経営。一方で、子育てと仕事の両立に苦労しているお母さんの力になりたいと、2016年に「NPO法人にんにん」を設立し、《訪問型病児病後児保育》のサービス普及に向けて全力で取り組んでいます。





 ▲ 団体名の「にんにん」とは土佐弁でニコニコするという意味のにんにんなのです(^^)♪ 


子供の頃には保育士さんになりたかったという高橋さん。20代で結婚して5人のお子さんに恵まれますが、その後 離婚を経験し、シングルマザーに。「とにかく働かないと!」と思って就職活動をしますが、当時、会社の面接でよく言われたのは「子供さんが病気のときはどうしますか?」「たびたび休まれると困るんですよね~」という言葉。シングルだからたくさん働かないといけないのに、シングルだから安心して働けない。。。そんな矛盾を抱えながら、職を変えながら懸命に働いたそうです。

その後、自らの手でWEBの製作・解析などを手掛ける会社「LIFE CREATOR STUDIO」を設立した高橋さん。自分の会社ならば誰に文句を言われることもない!と思っていたところ、今度は子育てをしながら働いていた娘さんが、子供の病気で休むことに心を痛めていることを知り、またしても子育てと仕事の両立の難しさを痛感しました。





そんな頃に『37.5℃の涙』というテレビドラマで《病児保育》のサービスを知った高橋さん。「病気の子供を見てくれる人がいれば親御さんは仕事に集中できる!実際にこういうサービスがあるんだ~」と思って調べてみると、高知県内にも保育園や病院で《病児保育サービス》を行っているところが見つかりました。ただ一施設あたりの受け入れ可能人数は少なく、インフルエンザなど感染症の子供を受け入れると他の子供を断らないといけないなど、制限が多いこともあって、《訪問型病児病後児保育サービス》の必要性を強く感じたそうです。

その後、応援してくれる仲間を集め、大阪にある病児保育施設を見学し、高知では病児病後児保育のセミナーやシンポジウムを開催するなど、《訪問型病児病後児保育サービス》立ち上げに向けて本格的に動き始めた高橋さん。2016年9月には「NPO法人にんにん」を設立し、代表理事に就任しました。凄い行動力ですね ❤



  
 ■ 高橋貞子さんからのリクエスト曲

 ♪ 童神~ヤマトグチ~ / 夏川りみ

 子供のことを歌った2曲が好き❤と語る高橋さん。
 ひとつはイルカさんの「時の子守唄」、
 そしてもうひとつが夏川りみさんの「童神」。
 子供に対する親の思いが詰まった名曲です。




「NPO法人にんにん」の事業内容は・・・
■ 病児病後児のときのお子さんをお預かりします。
■ 入院時の付き添いをいたします。
■ 保育園等の送り迎えをいたします。
■ ベビーシッターの必要があるときにはご相談ください。

対象年齢は、生後6カ月から小学6年生まで。対象エリアは、東は香南市から、西は土佐市までです。現在は専属スタッフ4人と、連携している施設からのお手伝いスタッフが30人ほどいるそうです。利用料金は、1時間あたり税別1,500円ですが、5月からは月会費制を導入する予定です。月会費2,000円を払っておくと1時間の利用料金が850円に、また月会費3,000円を払っておくと1時間の利用料金が500円になるそうです。たくさん利用しそうだなという方は、この月会費制についてもご検討ください。

資料請求・お問い合わせは・・・
[TEL] 080-6372-5556  [メール] ninin@lcs.sub.jp まで。





高橋さんが仕事をするうえで大切にしていることを伺いました。

■親御さんから安心して任せてもらえるように♪
お世話させていただくお子さんは【命】を預かることになるので、自分の子供と同じであると考えています。お子さんを預けるお母さんたちも他人に任せることに不安な気持ちを持っているはずです。お母さんたちに安心して仕事をしてもらい、子育てを楽しんでもらうためには、私たちがいるから安心して!と自信をもって言えるように対応していくことが必要だと思っています。



高橋貞子さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子3人による“すっぴんトーク”を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #031 高橋貞子さん(2017/05/05)

次週は、高橋さんのプライベートや、今後の夢について迫るほか、子供を持つ親が安心して働ける環境の整備についてもお話しいただきます。 どうぞお楽しみに!