#047「下田食品」代表取締役、下田知加さん(2017/08/25)

8月25日のゲストは「下田食品」代表取締役、下田知加さんです♪



下田知加さん
高知市のご出身です。1909年(明治42年)創業の老舗豆腐店「下田食品」に生まれ、大阪・東京で過ごしたあと、34歳で高知に戻って家業に入ります。今から3年前には先代社長である父親の後を継いで代表取締役に就任。昔ながらの手作業で心を込めた豆腐をつくると共に、工場の隣に設けた店舗『felille bois(フェリル・ボワ)』で自社商品や雑貨の販売も行っています。







今年で創業108年となる「下田食品」は高知市土居町にある老舗の豆腐屋さん。知加さんは3人兄弟の長女として生まれました。実は、3代目社長であるお父様からは「家を手伝え」とも「後を継げ」とも言われなかったそうで、学校を卒業した後は大阪で就職し、その後結婚して東京で暮らしていました。ちなみに、弟さんも、妹さんも家業を継ぐことなく、お父様は自分の代限りで商売を終えるつもりだったそうです。

しかし30歳を過ぎた頃にシングルマザーとなった知加さん。子供を育てながら東京で暮らすことは難しいと考え、とにかく高知へ帰ろう、高知に帰ったらどこかに就職するのではなく家業を手伝おうと考えます。
そんな知加さんの考えに驚いたのがお父様 Σ( ̄Д ̄lll) 豆腐屋は重労働であるうえに、先行きも不透明。。。考え直した方がいいんじゃないかと説得したお父様ですが、最終的には知加さんの強い意志に押し切られる形で家業に入って後を継ぐことを認めてくれたそうです。(口ではそう言っても内心は嬉しかったのかもしれませんね♪)



家業に入ってからは毎日が発見の連続だったそうで、
■とにかく朝が早くてビックリ!(毎日3時起き…)
■水が冷たくてビックリ!(冬には手の感覚がなくなる程…)
■商品を運ぶ際に重くてビックリ!(小柄な知加さんには過酷…)

何となく知っていたつもりの仕事がどれだけ大変かを思い知ったそうです。

しかしそんな大変な作業を続けていくうちに、徐々に意識が変化していった知加さん。100年以上にわたって豆腐を作り続けられるのも、創業からずっと会社を支え続けてくれた従業員さんたちの頑張りがあってこそ。自分がすべきことは、長い歴史をもつ「下田食品」をどうやって継続させ、従業員さんたちの頑張りにどうやって報いていくか? また「下田食品」の豆腐を食べてくださるお客様に満足していただくにはどうすればいいか?
これまでに感じたことのない強い重圧と、その一方にある大きなやり甲斐を持って、今から3年前に代表取締役に就任した知加さんなのでした。。。



 ■ 下田知加さんからのリクエスト曲

 ♪ 正夢 / スピッツ

 お腹の子供が男の子だと分かった頃に
 よく聴いていたのがスピッツのこの曲。
 ♪君に会えたら 何から話そう 笑ってほしい
 という歌詞に凄く共感していたそうですよ。




「下田食品」

■ 住  所 : 高知市土居町6-1
■ 営業時間 : 9:00~16:00
■ 定 休 日  : 水曜日・日曜日
■ 電話番号 : 088-831-5028


豆腐、油揚げ、厚揚げ、豆乳、こんにゃくなどを製造・販売しています。
「下田食品」の商品は学校や病院、居酒屋、旅館などに納入していて、スーパーなどの小売店では販売していません。ですが工場隣にある直販店舗『felille bois(フェリル・ボワ)』ではその日つくったお豆腐やお揚げ、豆乳などを販売しています。作りたての風味ある商品を是非お買い求めください。


▲(写真左) 知加さんが好きな「まったりおぼろ豆腐」と、大人気の「たま厚」
 (写真右) 豆腐屋が提供する豆乳はまったり濃厚な味が特徴です!



今年で創業108年目という「下田食品」では数々のこだわりを持って豆腐をつくっています。

①安全・安心な原料を使っています!
 自分たちで確信の持てる大豆とにがりを使用しています。

②ほとんどの作業を手作業で行っています!
 その日の気温や湿度に合わせてつくることが出来ます。

③加熱処理をしていない“生豆腐”を提供します!
 豆腐本来の味を損なうことがありません。


実はスーパーに並んでいるお豆腐のほとんどが加熱処理をしています。一度お豆腐をつくった後に、60℃~80℃で加熱処理をすると 10日~20日ほど保存できるため、販売する側にとっては効率がよく好まれるそうなんです。ですが長期保存のために加熱処理をしたり、保存料を入れたりすると、豆腐本来の味が損なわれるので、「下田食品」では加熱処理をしていません。ですので「下田食品」のお豆腐の消費期限は4日程度となりますが、大豆の美味しさが詰まったお豆腐にこだわり続けています!!



「下田食品」で製造しているお豆腐は期間限定のものも含めて15種類ほど。
定番の「もめん豆腐」や「絹ごし豆腐」、その中間の柔らかさの「ソフト豆腐」、創業108年の歴史が感じられる職人こだわりの「百年豆腐」、量子物理学から生まれた革新的な「土佐の豆腐」、知加さんイチ押しの「まったりおぼろ豆腐」など、バラエティ豊かなラインナップとなっています。

また最近では、ほんのり柚子が香る「ゆずおぼろ豆腐」や、バラの形の豆腐、また子供さん向けの「くまちゃんとうふ」など、女性や子供さんに親しんでいただけるような商品にも力を入れています。



商品に関する情報は「下田食品」ホームページ または Instagramページでチェックしてください。

HP ⇒ http://www.felille-tofu.co.jp/
Instagram ⇒ https://www.instagram.com/felillebois422/



下田知加さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子3人による“すっぴんトーク”を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #047 下田知加さん(2017/08/25)

次週は、下田さんのプライベートや、今後の夢について迫るほか、豆腐屋さん同士のネットワークについても教えていただきます。 どうぞお楽しみに!



スポンサーサイト

#046「特定非営利活動法人みらい予想図」理事長、山﨑理恵さん(2017/08/18)

前週に続いて「特定非営利活動法人みらい予想図」の理事長、山崎理恵さんをお迎えしました♪





複数の障害を持って生まれてきた次女・音十愛(おとめ)さんの子育て経験をもとに、重症児のためのデイサービス施設の立ち上げを目指している山﨑さん。今年4月には、その運営母体となるNPO法人「みらい予想図」を設立しました。設立にあたっては子育て仲間のお母さん方に協力を呼びかけ、中でも最も重度の障害を持つお子さんのお母さんが副理事として参加してくれたことが大変心強かったと語ってくださいました。実はそのお母さんも「障害を持つお子さんを授かったからには自分にも何か使命があるはず」とお考えだったようで、NPO法人の立ち上げに必要な事務作業を一手に引き受けてくれたんだとか。いろんな方々の思いがいっぱい詰まった「みらい予想図」なのです♪



山﨑さんが設立する重症児デイサービス施設はいよいよ9月にオープンする予定です。

その名前は・・・重症児デイサービス「いっぽ」!

NPO法人みらい予想図として踏み出す “第一歩” であると同時に、重症児が輝く未来に歩み始める “第一歩” になりたいという思いが込められています。

場所は、高知市朝倉南町1-12
土佐道路にあるフジグラン高知店の一本北の通り沿いです。

当初は賃貸物件を探していたそうですが条件に合う物件が見つからず、こちらを購入したんだとか。というのも「朝倉地区」という条件をどうしても譲りたくなかったそうで、国立病院機構高知病院のほか、重症児が通う学校にも近いので、利用者の皆さんの負担が少ないことが最大の理由だったそうですよ。

現在は建物改修工事の真っ最中!
9月1日~3日にプレオープンし、9月4日から正式な受け入れがスタートする予定です。この施設を立ち上げるにあたり、多額の借金をした山﨑さんですが、高知新聞の連載や各地での講演などを通じて「彼女を応援したい!」という方々が多数手を挙げてくださり、たくさんの募金が寄せられています。そんな大勢の皆さんからの支援に感謝し、「この施設を成功させることが私の使命!」と語る山﨑さん。その強い意志と、抜群の行動力に尊敬の念を抱かずにはいられません。


◎NPO法人みらい予想図への募金は下記で受付中です。
 郵便振替口座 01670-1-42920
 口座名  特定非営利活動法人みらい予想図





 ■ 山﨑理恵さんからのリクエスト曲

 ♪ Maybe / 中島みゆき

 女性が自分を奮い立たせるような応援ソング。
 世の中の逆風に負けず、颯爽と歩いていく女性が
 強い気持ちを持って力強く生きていく姿が
 歌われていて、山﨑さんの応援歌でもあります。





9月に重症児デイサービス施設「いっぽ」を立ち上げる山﨑さん。
この施設をどのように活用してほしいかをお聞きしました。

目的のひとつは「お母さんたちのレスパイト(休息)」
ご自身もかつては24時間365日付きっ切りだった時期がありましたが、自分の時間など持てるはずはなく、疲弊しきっていたそうです。そんなお母さん方に必要なのは“休息の場”!たとえ数時間であっても我が子を安心できる施設に預けることで、束の間の休息をとってもらいたい。山﨑さんはそう考えています。

また「お母さん同士の情報交換や新しい出会いの場をつくること」も目的のひとつ。実は山﨑さんは、障害児を持つ子育て仲間のお母さんが自殺するという辛い経験をしています。もしもあのときに、彼女にとっての出会いの場があって、力強く生きていくことに繋がっていくご縁があったなら、今でも彼女が笑っていられたかもしれない ──。重症児デイサービス「いっぽ」がそんな場になれればという思いも強いそうです。

もうひとつは「子供の発達につながる場になること」
どんなに重い障害があっても、その子に合わせた発達はあります。そういう発達を促せるような取り組みをしていきたい。スタッフには、いろんな資格を持つ専門職が揃っているので、そうした発達に視点を合わせてお預かりすることを心掛けていきたいと語ってくださいました。



最後に、山﨑さんの今後の目標や夢を伺いました。

《目標①》9月の事業開設に向けて全力投球!
皆さんから大きな期待をいただいている施設なので、利用者様に喜んでいただける施設にすることが目標です。自らの理念に従って、大事な理念をぶらさず、最初の一歩を踏み出していくことが大切だと思っています。

《目標②》重症児が地域で幸せに輝きながら暮らせる未来を創ること!
放課後デイサービスをはじめ障害児を子供の頃に支援する施設は出来ていますが、親御さんが心配しているのは大きくなったあとのこと。いつまでも地域で輝きながら暮らして欲しい。そのためには高校卒業後の生活支援が出来る施設もつくりたいと考えているそうです。


山﨑さんはこれまでの人生を振り返って、何かを選ばないといけないときに、いつの頃からか《大変で困難な道》を選ぶようになったと語ってくれました。その結果、《楽な道》を選ぶよりも得るものが大きかったそうで、それによっていい出会いにも恵まれたと感じているそうです。様々な困難に直面しても、笑顔を武器にそれを乗り越えてきた山﨑さん。輝く未来に向かう “第一歩” が大成功となりますようお祈りしています



山﨑理恵さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。
女子3人による “すっぴんトーク” を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #046 山﨑理恵さん(2017/08/18)


次週は「有限会社下田食品」の代表取締役、下田知加さんをお迎えします。

高知市土居町で豆腐や油揚げ、こんにゃくなどを製造販売している下田さん。仕事にかける思いや今後の夢について伺うほか、自社商品や雑貨などを販売する直営店『felille bois(フェリル・ボワ)』についてもたっぷり語っていただきます。次週もどうぞお楽しみに!



#045「特定非営利活動法人みらい予想図」理事長、山﨑理恵さん(2017/08/11)

8月11日のゲストは「特定非営利活動法人みらい予想図」理事長、山﨑理恵さんです♪



山﨑理恵さん
香川県高松市のご出身です。ご主人の転勤で2人のお子さんとともに高知へ移住し、高知市内の病院で看護師として勤務します。その後、2005年に次女の音十愛(おとめ)さんが複数の障害を持って誕生。様々な困難を乗り越えて子育てをしているうちに、重症児のためのデイサービス事業を立ち上げようと思い始めます。今年4月には、事業の運営母体となる「NPO法人みらい予想図」を設立。 9月の施設オープンに向けて忙しい毎日を送っておられます。





▲ 輝く未来に向かって両手を大きく広げています(^^♪


高松市出身の山﨑さんが高知に来たのが今から14年前。高知へ来てすぐに生まれたのが次女の音十愛さんでした。坂本龍馬の大ファンだった山﨑さんは龍馬のお姉さんと同じ名前をつけたくて「音十愛(おとめ)」さんと命名。数々の困難に出会っても力強く乗り越えていく山﨑さん親子の強さは、泣き虫だった龍馬を叱咤激励し、剣の道へ導いて行った乙女さんの強さに由来しているのかもしれませんね。

生まれたときから複数の障害(全盲、口唇口蓋裂、手足の先天性異常)があった音十愛さん。自宅へ戻ってからも、昼夜を問わず泣き叫び、一晩中抱っこすることもしばしばだったそうで、この頃の山﨑さんは慢性の寝不足状態だったそうです。音十愛さんのお世話に、家族の食事や洗濯などの家事全般 ──、この頃は毎日がギリギリの状態だったと振り返ってくれました。



その後、音十愛さんが3歳になった頃、県立盲学校・幼稚部へ入学させたいと思った山﨑さんですが、当時の高知県の判断は「NO!」 鼻腔チューブが入った医療ケアの必要な子は受け入れの前例がないというのがその理由でした。。。

でも子供は親から離れているときにいろんなことを学ぶもの。同じ年頃の子供たちの中で、みんなと一緒に成長していくには、この機会を逃してはならない!親としてどうしても譲れなかった山﨑さんはお世話になっていた先生のアドバイスで、高知県母親大会の分科会に出向き、思いの丈を訴えました。

山﨑さんの懸命の訴えは分科会のメンバーの心を動かし、音十愛さんの県立盲学校への入学は、母親大会の中で最も優先度の高い要望項目となりました。これをきっかけに追い風が吹き始め、その後は新聞への投書や、街頭署名活動で道が開けて行くことに。こうして 2009年1月、音十愛さんが4歳を迎える頃に、県立盲学校・幼稚部への入学が認められたのでした。



 ■ 山﨑理恵さんからのリクエスト曲

 ♪ YELL~エール~ / コブクロ

 「君を探してるんだ 誰かが君を待ってるんだ」と歌う
 この曲に出会って、これまで自分がやってきたことを
 認めてもらえたような気になったという山﨑さん。
 ご自身の応援ソングになっているそうですよ。




4歳になった頃に、県立盲学校・幼稚部へ入学した音十愛さん。その後は重症心身障害者施設「土佐希望の家」や、放課後デイサービス「幸のつどい」などの力を借りてどんどん成長していきます。

11歳の誕生日を迎えた頃には、これまでずっと“歩けない”と言われてきた音十愛さんが突然歩いて山﨑さんは大感動❤その後、たくさん歩く練習をしたので今では20mほど歩けるようになったそうです。

またこれまで口から食べることが出来ず、胃に穴を空けて栄養を摂っていましたが、今ではうどんやパスタをツルツルっと口が食べられるように。食事が出来るようになると家族と一緒にレストランに行くことも出来るようになり、これまでよりも外へ出る機会が増えたそうです。

さらに人の名前もすぐに覚えるようになり、「音十愛ちゃーん」と呼び掛けられるとその声からすぐに判断して「○○さん!」と返事したり、足音や呼吸の音から誰か分かるようになったそうです。まさに、日に日に成長している状態なのですね。



そんな音十愛さんの成長を目の当たりにして、山﨑さんも新たな挑戦を決意します。
その挑戦とは、重症児のためのデイサービス事業の開設です!!

離婚を経験しシングルマザーとなった山﨑さんですが、身寄りのない高知で生活することに限界を感じ、故郷の香川県に帰ろうと思って「これが最後」という気持ちで臨んだシンポジウムで人生を変える出会いが待っていました。それが、このあと山﨑さんの子育てについて連載記事を書くことになる高知新聞の掛水記者との出会いでした。

山﨑さんの話を聞いて「これは記事にすべきだ」と感じた掛水記者はこう話しかけました。
「お母さん、今までのことで覚えていないこともあるだろうし、逆に忘れたくないから心の中に残していることもいっぱいあるでしょう。その思いを一度吐き出して、荷物を降ろしてみませんか?楽になると思いますよ。それを僕がすべて整理しますから。」

この言葉を聞いて、この人にすべてを委ねてみようと思った山﨑さんは、これまで抱えてきた思いをすべて吐き出します。また掛水記者も、山﨑さんが忘れていたような事柄について各方面に取材し、当時は誤解していたことも解きほぐしてくれたそうです。こうした信頼関係のもとに生まれたのが高知新聞で長きにわたって連載された特集記事『奇跡の笑顔 全盲・重複障害を生きる』でした。



山﨑さんのすべてをさらけ出した連載記事の反響はすさまじいものでした。

「よくぞここまで言ってくれた。障害児を育てるとはこういうことなんだ」
「これまで知らなかったが勇気を持って語ってくれたことに感動した」
など、
たくさんの反響が寄せられ、山﨑さんはこれまでやってきたことを認めてもらえたと感じたそうです。

実は山﨑さんにはずっと抱いてきたある夢がありました。
それは「重症児が大きくなっても地域で輝きながら暮らせるための取り組み」!
でもその夢を実現するためにはどうしたらいいのか分からないと悶々としていた頃に、またまた運命的な出会いが待っていました。名古屋を拠点に重症児デイサービス施設を展開している「「一般社団法人全国重症児デイサービス・ネットワーク」の代表理事である鈴木由夫さんとの出会いでした。

「なければ創ればいい」を合言葉に、重症児を持つ母親自らが施設を創ることを提唱している鈴木さんに話を聞き、重症児デイサービス施設を創ろうと思った山﨑さん。他県の施設を見学に行ったり、看護師資格を生かして高知市内の重症児デイサービス施設で研修をしたりと、精力的に動き始めます。施設を運営していく知識を得る一方で、資金や開業場所の選定など、やらなければいけないことは山積みの状態でしたが、その一つ一つをクリアしていき、いよいよ2017年9月に施設をオープンするが決定しました!

施設名は・・・重症児デイサービス施設「いっぽ」

これまで歩んできた一歩一歩が形となり、これからの歴史を一歩一歩刻んでいくことになるのです。
施設の詳しいお話や、サービス内容、今後の目標などについては次週詳しく伺います。



山﨑理恵さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子3人による“すっぴんトーク”を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #045 山﨑理恵さん(2017/08/11)

次週は、山﨑さんのプライベートや、今後の夢について迫るほか、施設の進捗状況についても語っていただきます。 どうぞお楽しみに!



#044 ソロシンガー、YUSAさん(2017/08/04)

前週に続いて、ソロシンガーのYUSAさんをお迎えしました♪
※YUSAさんのホームページ ⇒ 【 YUSA 】





2017年4月26日に、7曲入りのアルバム『THE MODE Ver.2.0』を全国リリースしたYUSAさん。
作詞・作曲も手掛けていて、電車に乗っているときや、カフェでのんびりしているときに、ふと浮かんだ歌詞を書きためておいて、楽曲づくりの際に引っ張ってくることが多いそうです。4歳からピアノを習っていたので作曲はお手のもの♪頭に浮かんだメロディに歌詞を当てはめていくんですが、言葉の響きや聞こえ方を重視しながら、気持ちいい言葉の運び、違和感のない言葉を紡いでいくそうですよ。こればかりは感性ですからねー。アーティストならではの感覚があるんでしょうね。



YUSAさんの趣味は「カメラ」!
昨年、キヤノンの一眼レフカメラを購入して、いま写真を撮ることにハマっているそうです。
もともと高校生の頃からデジカメやケータイで撮影した写真をオシャレに加工してアップするのが好きだったそうで、今では「ファッション」「お花」「空」をよく撮っているそうです。撮った写真はInstagramにアップ!ぜひ一度、YUSAさんのInstagram を覗いてみてください。現在は1,000人を超えるフォロワーがいて、主に20代~30代の方が多いとのこと。同年代の方々がYUSAさんのファッションに注目しています!



ちなみにYUSAさんは、Twitter、Instagram、Facebook、LINE Blogなどを展開中!
お好きなSNSでYUSAさんの情報をフォローしてみてください。


             



  
 ■ YUSAさんのアルバムからもう1曲

 ♪ Shake It Body / YUSA

 『THE MODE Ver.2.0』の2曲目に収録!
 AbemaTVの番組『浅草コージ』の
 オープニングテーマに起用されている
 カッコイイナンバーですよー♪




2017年4月26日に全国リリースした7曲入りのアルバム『THE MODE Ver.2.0』では、作詞・作曲だけでなく、ジャケットデザインも手掛けたYUSAさん。真ん中に写っているピンクの花は、YUSAさんが大好きなラナンキュラスで、花言葉は「魅力的」だそうです。実は高校時代にはデザイン科で勉強していたそうで、昔から自分のCDジャケットをデザインすることが夢だったそうですよ。

またご自身のCDだけでなく、レーベルの先輩である男性4人組コーラスグループ LUVandSOULさんのポスターやフライヤー、ロゴなどのデザインも手掛け、今年リリースされた彼らのアルバムのパッケージデザインも手掛けたそうです。こういったデザインの仕事は制作期間が非常にタイトなケースが多く、話が来てから2日間で作らないといけないこともあるそうです。今回の依頼も同様で、YUSAさんはスターバックスに6時間ぐらい籠もってデザインを作ったそうですよ。



またファッションの分野でも才能を発揮するYUSAさん。
ライヴの際には、どんなファッションで行くか事前にイラストを描いて、そのイメージに合う衣装を探すそうですが、6月の高知BAY5 SQUAREでのライヴでは、どうしてもイメージに合うものが見つからず、自分で作っちゃおう!とご自身で手縫いして衣装を完成させたそうです。ここにもYUSAさんのファッションへのこだわりが感じられますねー。ご自身で手縫いした白い衣装は、YUSAさんのInstagram で見られます。6月25日の投稿をチェックしてみてください ❤



最後に、YUSAさんの今後の目標や夢を伺いました。

《目標①》国内外の広い世界に自分の歌声や音楽を届けて感動を与えたい!

《目標②》シンガーだけでなく、デザイン・写真・ファッションなど、
     多方面で活動・貢献できるアーティストになりたい!


子供の頃に「将来は歌手になりたい!」という夢を抱き、その夢に向かって真っ直ぐに突き進んできたYUSAさん。4歳の頃からピアノを習い、中学・高校時代は劇団で歌やダンス、演技を学び、専門学校時代は作詞・作曲、ボイストレーニング、バンドの授業など本格的に音楽を学んできました。そうして掴んだソロシンガーとしてのポジション! さらにこの先はデザイン・写真・ファッションなど、また新しいステージが待っています。様々な分野で輝き続けるYUSAさんの活動に今後も注目していきたいと思います



YUSAさんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。
女子3人による “すっぴんトーク” を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #044 YUSAさん(2017/08/04)


次週は「特定非営利活動法人みらい予想図」の理事長、山崎理恵さんをお迎えします。

重複障害を持って生まれた娘さんの子育て経験から、重症児のためのデイサービス施設を開設しようと、NPO法人を設立し、9月の施設オープンに向けてお忙しい毎日を送っている山崎さん。仕事にかける思いや今後の夢について伺うほか、高知の皆さんに伝えたいことについても語っていただきます。次週もどうぞお楽しみに!