#013「BLUE BLUE」代表、岡田ちこさん(2016/12/30)

12月30日のゲストは、ビーチクラフトショップ「BLUE BLUE」代表の岡田ちこさんです♪



岡田ちこさん
   土佐清水市のご出身です。東京でモデルやエステティシャンを経験したあと、
   東日本大震災をきっかけに20年暮らした東京を離れ、故郷の土佐清水市へ。
   故郷の美しい海に改めて感動し、貝殻などで雑貨を作るようになります。
   現在はその他にもLINEスタンプを製作するなど活躍の場が広がっています。





 ▲ 岡田さんの趣味であるサーフィンをイメージしました!右の人は日舞っぽいですがww


子どもの頃から水遊びが大好きで、海で遊んだり、
一日に何度もお風呂に入るような子どもだったという岡田さん。
学校卒業後は、東京でファッションショーやブライダルショーのモデルを務めたり、
エステティシャンとしてフェイシャルやボディの仕事をしていました。

東京での生活も20年近くとなった2011年、あの東日本大震災が発生。。。
そのとき岡田さんは横浜市内の地下4階にいたそうで、
「このまま建物が崩れて見つけてもらえないんじゃないか?
 家族と離れ離れでこのまま死ぬのは嫌だ!」

と思い、故郷である土佐清水市へ戻る決意をします。
震災をきっかけに価値観が変わり、大切なものに気付いたという方は多いですよね。



都会の喧騒から離れて、故郷である土佐清水市へ戻った岡田さん。
子どもの頃から見ていた海の風景に感動したり、地元の友だちと交流する中で、
自分の欠点を隠そうとせず、正面から自分と向き合い、自分の気持ちに正直に、
本当の自分として生きている価値を見出したいと考えるようになります。



もともと海が好きで、以前から貝殻やビーチグラスを集めていたそうですが、
そんな自分を素直に表現したいと思ったときに、
キラキラの太陽を浴びた輝く浜辺に流れ着いた“海からの贈りもの”で
雑貨やアクセサリーを製作してみよう!と考えたそうです。

子どもの頃は絵を描いたり、工作をしたりということが苦手だったそうですが、
大好きな海から流れ着いた貝殻やビーチグラスに思いを巡らせ、
自分らしい表現方法で作りだしたアイテムはどれもとっても素敵♪
こうして2012年、ビーチクラフトショップ「BLUE BLUE」をオープンしたのでした。



  
 ■ 岡田ちこさんからのリクエスト曲

 ♪ Reflection / Christina Aguilera

 ディズニー映画『ムーラン』の主題歌であるこの曲は、
 鏡に映る“ありのままの自分”でいたい!
 私じゃない誰かのふりなんかしたくないわ♪と歌う曲で
 東京にいた頃の自分を重ねてしまうんだそうです。




「BLUE BLUE」
【 住  所 】 土佐清水市大岐2030-3
【 営業時間 】 10:30~18:00(不定休)
【 e-mail 】  savebeach_blueblue@yahoo.co.jp

貝殻やビーチグラス、サンゴ、流木などを使って、
ランプシェード、ピアス、携帯ストラップ、リースなどを製作・販売するほか、
ワークショップを開催したり、LINEスタンプ等を製作している岡田さん。

「BLUE BLUE」の素敵な商品は、
「足摺パシフィックホテル花椿」「足摺テルメ」「足摺国際ホテル」で販売しているほか、
「BLUE BLUE」のfacebookページを通じて注文を受け付けています。
岡田さんのセンスが光る cool & cute なアイテムを是非ご覧ください!






ビーチクラフトの材料となる貝殻やビーチグラスは、
ワンちゃんのお散歩がてら《ビーチコーミング》をして集めるそうです。
※ビーチコーミング(Beach combing)= 浜辺の漂流物を拾い集めること♪
ただ最近では地元の方々が岡田さんの活動を知って、アトリエまで届けてくれることも多く、
温かい土佐清水の皆さんのご協力があって「BLUE BLUE」の商品が出来ているんですね。

またビーチグラスは、海に捨てられたガラスの欠片が
波に洗われ、砂の上を転がりながら丸みを帯びた美しいフォルムになったもので、
まさに自然が作り上げた[海の宝石]とも言えそうなアイテム。
色合いで言うと、ブルーやグリーンが多いのですが、
ごく稀にレッドやオレンジなどのレアカラーが見つかるそうですよ。
(一説によると、5,000個に1個、10,000個に1個とも言われています)

「BLUE BLUE」のfacebookページにはこんな記載があります。

すべては海から、地球から♡
海で感じる風と自由をカタチにかえて。

海の女神や地球のPowerを感じてもらえるように…♡
ひとつひとつを丁寧に。。。

同じものはひとつとないオンリーワンを是非。
オーダーもできますのでお気軽にご相談下さい♡



■ 海岸で見つけたときの驚きや感動をそのまま伝えたい!
■ 商品をとおして、土佐清水のキレイな海に興味を持ってもらいたい!

岡田さんの想いがいっぱい詰まったアイテムをぜひ手に入れてください。



岡田ちこさんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。
女子3人による“すっぴんトーク”を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #013 岡田ちこさん(2016/12/30)

次週は、岡田さんのプライベートや、今後の夢について迫っていくほか、
ビーチをキレイにする目的で導入された《ビーチマネー》の取り組みについても
語っていただきます。 どうぞお楽しみに!



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre