#035「リトミック研究センター高知第一支局」前田麻記子さん(2017/06/02)

6月2日のゲストは「リトミック研究センター高知第一支局」支局長、前田麻記子さんです♪



前田麻記子さん
高知市のご出身です。国立音楽大学を卒業後、東京の音楽事務所に勤務。CMや舞台制作に携わり、演奏者としても参加します。その後、高知に戻り、ご両親が築き上げた「株式会社レコー」に入社。冠婚葬祭の生演奏演出などを手掛ける一方で、この春からは「リトミック研究センター高知第一支局」を立ち上げ、リトミック教育にも取り組んでおられます。







ピアニストのお母様と、ご自宅でギターの弾き語りをするお父様のもとに生まれ、子供の頃から音楽に囲まれて育った麻記子さん。幼少期からピアノを習い始め、中学生の頃にはクラリネットに熱中!東京の国立音楽大学に進んでクラリネットを専攻し、大学卒業後は東京の音楽事務所を経て、地元・高知に戻って「株式会社レコー」に入社しました。

日頃は、冠婚葬祭の生演奏演出など、音楽に携わる仕事をなさっている麻記子さん。お客様はほとんど大人の方なのですが、そんな中で「幼い頃から音楽に親しんで欲しい」「音楽を取り入れた幼児教育をやってみたい」との思いが強くなり、《リトミック》に興味を持つようになります。

《リトミック》とは、スイスの作曲家で音楽教育家のエミール・ジャック=ダルクローズが考案した音楽教育法で、分かりやすく説明すれば【音楽を使った情操教育】のこと。欧米では早くから様々な分野に取り入れられています。
音楽の生演奏を聞きながら、音感・リズム感を養ったり、感性を磨いたり、集中力を高めたり、思考力・判断力を鍛えたり・・・。音楽を使って、身体的・感覚的・知的に優れた子供たちの育成を図るのが《リトミック》なのです。



実は麻記子さんの母校である国立音楽大学には幼児音楽教育の専攻科があるそうで、そこを卒業して現在は高知でリトミック教室をしている後輩に《リトミック》に関するアレコレを聞いたんだそうです。その後輩の方から「リトミック研究センター」を教えてもらい、様々なやりとりをしたあと、今年4月1日に「リトミック研究センター高知第一支局」を立ち上げました。

立ち上げの前には、2歳のお嬢さんをリトミック教室に通わせてみたそうです。親子で参加する教室だったそうですが、これがとっても楽しかったそうで、お嬢さんはカラダを動かしてノリノリ♪1時間キャッキャッと大喜びだったそうです。また麻記子さんにとっても、お嬢さんと共に楽しみ、笑い、じっくりと我が子に向き合える貴重な時間になったんだとか。改めて《リトミック》の良さを実感したそうですよ。



  
 ■ 前田麻記子さんからのリクエスト曲

 ♪ 遠く遠く / 槇原敬之

 子育てをしていると、今この一瞬の大切さを感じ、
 やがて来る親離れ・子離れを想像してしまうとか。
 そんなときに槇原敬之さんのこの曲を聞いて
 故郷を思い出して欲しいと感じているそうです。




「リトミック研究センター高知第一支局」の業務内容は・・・、
 ■リトミックを行う認定教室の運営をサポートすること
 ■認定教室の先生を増やすこと
 ■幼稚園・保育園など教育機関へのリトミックの浸透を図ること


まさに高知県内に《リトミック教育》を広げていくお仕事なんですね!?

実際に《リトミック教育》を受けた子供たちは、人前で自由にカラダを動かしたり、発言したりすることに躊躇がなくなることが多いそうで、引っ込み思案だった子供がいつの間にか人前で喋れるようになるケースもあるそうです。子供たちが自由に伸び伸び遊べるようになり、それが自己肯定感に結びついていくんだそうですよ。
また幼児期の《リトミック》は親子で一緒に取り組むことも多く、親子のコミュニケーションが取れるようになるのもいいところ。麻記子さんのお嬢さんのケースでは、麻記子さんが「お部屋を片付けなさい!」と言うとなかなか片付けないけど、『お片付けの歌』を歌うと、自然に楽しくお片付けが出来るとか。ですので、《リトミック》は子供にとってもいいんでしょうけど、親にとってもストレスが減って楽しく育児が出来るひとつの方法だなーと感じるそうですよ。子育てで大変だとお感じのお母さん!ぜひ一度《リトミック》を体験してみてはいかがですか?





麻記子さんが仕事をするうえで大切にしていることを伺いました。

音楽という目に見えないものを扱っているので、自分の思いだけの一方通行にならないように、お客様が どういう音楽を、どういう場面で、どういう目的で使いたいのか?どうして生演奏を使いたいのか?など、常にお客様の思いをくみ取ったうえでご提案するように心掛けているそうです。

麻記子さんにとって、音楽とは人と人をつなぐコミュニケーションツールのひとつ。音楽自身が主役になるのではなく、音楽を通じて人と人との交わりや絆が深まって行けば嬉しいな とお話しいただきました!



前田麻記子さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子3人による“すっぴんトーク”を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #035 前田麻記子さん(2017/06/02)

次週は、麻記子さんのプライベートや、今後の夢について迫るほか、高知県における《リトミック》の現状についてもお話しいただきます。 どうぞお楽しみに!



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre