#003「かつおゲストハウス」代表 前田真希さん!(2016/10/21)

10月21日のゲストは「かつおゲストハウス」代表、前田真希さんです♪



前田真希さん
   高知市のご出身です。関東の大学に通っていた頃、旅行に目覚め、
   世界30カ国を渡り歩くなどしたあと、高知に戻って「ほっとこうち」に入社!
   取材を通じて様々な人と知り合ううちに「自分でも何かやってみたい!」と思うようになり、
   2012年、満を持して「かつおゲストハウス」をオープン!
   高知を訪れる旅行者に高知の魅力を伝える“伝道師”として活躍されています。





 ▲ 全身を使って“K”の文字を表現する《 かつおゲストハウスのポーズ 》です!


大学時代はバックパッカーとして世界中を旅することに夢中になっていた前田さん。
当時は、TVのバラエティ番組で猿岩石がヒッチハイクで世界を巡っていたこともあり、
日本からもバックパックひとつで海外に飛び出す若者が急増!
前田さんも、ハワイやヨーロッパといった定番の旅行先から、
インド、エジプト、イスラエルといったちょっとディープな国まで、
これまでに30カ国以上を訪問したんだそうです!すごい行動力ですね~♪

海外では主に格安のゲストハウスを利用していたそうで、
そこに集まる旅人たちからいろんなコアな情報を教えてもらうのが楽しかったそうです。
例えば…、【 エジプトのピラミッドには登ってはいけないが、実は登る方法がある!! 】
○時から○時までは警備員がいないからダッシュで登って行け!・・・みたいな。

そんな、ガイドブックには載らない情報がゲストハウスには溢れていて、
いろんな刺激があって、楽しかったと語ってくださいました。
その経験が今のゲストハウス経営に繋がっているんですね。





その後、高知に戻って「ほっとこうち」に入社。
ここで下村三和さんと衝撃的な(笑撃的な?)出会いを果たしたのです☆(^-^)/
編集者として様々な職種の方々を取材する毎日が続き、
いつしか、「自分でも何かやってみたい!」という気持ちが自然と芽生えてきたという前田さん。

「自分には何が出来るか?」と考えたとき、これまで自分がやってきたことを振り返ってみると、
① 10代の頃からバックパッカーとして世界各地を巡ってきた。
② 9年半にわたり、「ほっとこうち」の編集者として高知の情報を集めてきた。


さらには、③ 自宅の隣にあった祖父の家が空き家になっていた。ということもあり、
「世界中の旅人が集まるゲストハウスを作り、高知の魅力を伝えることが出来るのでは?」
と考えて、2012年、高知市比島町に「かつおゲストハウス」にオープンしたのであります。

  
 ■ 前田真希さんからのリクエスト曲

 ♪ ジャングル・ブギー / 笠置シヅ子

 昭和初期に活躍した“ブギの女王”笠置シヅ子さん。
 この曲は黒澤明監督映画『酔いどれ天使』で使われ、
 これを観て衝撃を受けた前田さんが完コピに挑戦!
 歌って、踊って、今や完全な十八番となっているとか。





「かつおゲストハウス」
【 住 所 】 高知市比島町4-7-28(産業道路沿い比島交通公園西横)
【 電 話 】 070-5352-1167
【 e-mail 】 katuo.gh@gmail.com
【 料 金 】 ドミトリー(相部屋) 2,800円(1名1泊) / 個室・貸切 3,800円(1名1泊)

客室としては、かつおの群れが泳ぐ海の中をイメージした客室《かつおルーム》に、
ユズの森をイメージした《ゆずルーム》、高知色満載の広々とした《おきゃくルーム》の3つがあり、
その他、沈下橋をモチーフにした《しまんトイレ》に、室戸の灯台を描いた《むろトイレ》
龍馬さんのミニ銅像からお湯が湧き出す《桂浜の湯》
流木や珊瑚でデコレーションしたフリーキッチン《おおつキッチン》などなど、
ネーミングも楽しい、凝りに凝った内装になっています。面白いですね~♪





前田さんが仕事をするうえで大切にしていることは、
◎ 高知ファンを増やすこと!

コンセプトは、高知のことなら何でも教えてくれる“高知の大使館”!
お客様のご要望に応じて、様々な高知の情報を大放出中です。

「かつおゲストハウス」のホームページには、ご希望の方を対象にアンケートに答えていただき、
ご要望に応じて最適な旅のプランを提案する【旅のコンサル申込み】というページがあります。

例えば、「地元の人が通うかつおのタタキの美味しい店が知りたい!」とか、
「四万十川へ行くまでのオススメの店が知りたい!」など、
地元高知のことを良く知っているからこそお伝えできる情報があります。
コンサル料は無料!!旅の情報としてぜひ活用ください♪

また最近では海外から高知を訪れる観光客も増えているそうです。
これまでも、ヨーロッパや台湾からいらっしゃる方は多かったそうですが、
今年7月に[高松=香港]のLCC便が就航したことから、香港からのお客様が増えているとか。
高知を訪れる方は何回も日本に来ている親日家が多く、ほとんどの方が日本語を喋れるそうです。
皆さんも街で海外からの旅行客を見かけたら、気軽に「こんにちは~」と話しかけてみましょう!
きっと喜んでくれると思いますよ。高知が誇る“おもてなし精神”を発揮しちゃいましょう♪



前田真希さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。
女子3人による“すっぴんトーク”を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #003 前田真希さん(2016/10/21)

次週は、前田さんのプライベートや、今後の夢について迫っていくほか、
仕事をとおして感じている“高知の魅力”についても語っていただきます。 どうぞお楽しみに!



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre