#040 フリーライター、高橋さよさん(2017/07/07)

前週に続いて、フリーライターの高橋さよさんをお迎えしました♪
※高橋さよさんのホームページ ⇒ 【 ささやか高知。 】



▲はるかちゃん(右)を取材する敏腕ライター(中央)と凄腕編集長(左)の図♪


これまでに高知のいろいろなところを取材してきた高橋さん。取材をとおして感じる“高知のおもしろさ”は、やはり“人”だそうです!
高知には、揺るがない信念を持って、一つの事にトコトンこだわって仕事をしている人がたくさんいます。それは例えば農家さんだったり、漁師さんだったり、はたまた工業製品を作り続けている職人さんだったり。。。『別にようけ売りたいき作りゆうわけやないき。俺はただえいもんを作りたいがよ。』そんな“土佐のいごっそう”のような人が高知を更に魅力的なものにしていると感じるそうです。

またそんな“こだわりの人”の周りには、それを一生懸命応援する“世話焼き”が必ずいます!「いごっそう」「偏屈」「世話焼き」「おせっかい」・・・、そんな高知県民の気質が県外の方から見ると、どこか不思議で、とっても魅力的に見えるらしいですねー。



取材をとおして県内各地を訪れている高橋さんに、この夏のお薦めスポットを教えてもらいました!

真っ先に挙げていただいたのが《 西土佐の貸民家 》



四万十市西土佐地区には、一軒家の民家を貸してくれるサービスがあります。
例えば、囲炉裏があったり、五右衛門風呂があったり、薪炊きの露天風呂があったり、広い庭でバーベキューが出来たり、四万十川に架かる沈下橋を間近で眺められたり。。。日常を忘れてのんびりリラックスしたあと、夜には満天の星がお出迎え☆彡
感動を味わえること間違いなしです!


もうひとつ、高橋さんが薦めてくれたのが《 工場萌えな見学ツアー 》



もともと工場や機械が好きという高橋さん。実は昨年末に仁淀川流域の工場3社を取材して記事を書いたそうで、いの町の土佐和紙製造業「高岡丑製紙研究所」さん、土佐市のモクメン工場「戸田商行」さん、仁淀川町の木材加工業「池川木材工業」さんを見学させてもらったそうです。最近では全国的に工場見学がブームになっていますが、高橋さんがお邪魔した3社は機械自体が歴史あるものばかりで、見応え十分!その筋のマニアにとっては堪えられない至福の時間だったそうです。
※高橋さんによる工場萌えなブログ記事は・・・コチラ!



  
 ■ 高橋さよさんからのリクエスト曲

 ♪ 日常 / 星野源

 自分の仕事は世の中の役に立っているのか?
 そう感じる場面がたまにあると語る高橋さん。
 そんなときに、自分が好きでやっているのなら
 いいんじゃない?と前向きになれる曲だとか♪




フリーライター歴15年の高橋さんに「ライターに向いているのはどんな人?」と尋ねてみました。

まずは「熱しやすい人」!
いろんなことの話を聞いて、自分の中でドンドン火が燃えていき、「そこに行きたい!」とか、「その人に会いたい!」とか、「それ食べたい!」という衝動に駆られる人は、好奇心旺盛で、ライターに向いているそうです。

また誤解を恐れずに言うと「移り気な人」!
いろんなことに燃えながら、「あっ!あっちもいいかも?」とか、「おっ!それも楽しそう」と、ドンドン興味の対象が移っていくような人もライター向き。このお話もナットクです(^-^)



またライターを志している若者に対してアドバイスをいただきました。

高橋さんが声を大にして言いたいことは・・・、
インターネットにある情報がすべてではない!ということ。

例えば、どこか飲食店に興味を持ったとして、その店についてネット検索してみると、口コミサイトや評価サイトに様々な情報が掲載されています。しかしそれはあくまでも他人の評価であって、自分が行って、料理を食べてみてどう思うかはまた別物。「自分好みの味付けだった」とか、「思いがけないサービスがあった」とか、「お店の人と話が合った」とか、やはり実際に足を運んでみないと分からないことがたくさんあるのです。ですので、ネットだけで満足せずに、自分が実際に行動を起こして、自分の目で魅力を見つけていくことの大切さを感じて欲しいと語ってくださいました。



最後に、高橋さんの今後の目標や夢を伺いました。

《目標①》30代は目の前にある仕事に全力で取り組みたい!
《目標②》40代になれば次世代ライターの育成に取り組んでいきたい!

フリーライターとして高知県内を飛び回るようになって15年 ── 。気になるのは、高知には若いライターが少ないこと。ライターの仕事の中には、若いライターだからこそ書ける記事があるそうですし、出版社の方から若い感性を求められることも多々あるそうです。若い世代に向けて「高知でライターをすることの素晴らしさ」を発信していけるよう、まずは私自身がきちんとした大人になります!と力強い宣言をしていただきました。

高知って面白い、高知のことをもっと知りたいとフリーライターに転身した高橋さん。当時の思いは15年経った今も少しも変わらず、今日も高知県内のどこかで取材を続けています。高知のおもしろさは「いごっそう」や「世話焼き」が多いところとお話ししていただきましたが、一途な思いを持って、高知で頑張る人たちを取材し、その魅力を発信している高橋さんこそが、「いごっそう」「世話焼き」の代表選手なのかもしれませんね



高橋さよさんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。
女子3人による “すっぴんトーク” を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #040 高橋さよさん(2017/07/07)


次週は「5019 PREMIUM FACTORY」のオーナー、森本麻紀さんをお迎えします。

高知市中央公園北口でお昼から夜中まで営業するカフェ&バースタイルのお店を経営している森本さん。仕事にかける思いや今後の夢について伺うほか、今年4月にオープンした香港のお店についても語っていただきます。次週もどうぞお楽しみに!



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre