#046「特定非営利活動法人みらい予想図」理事長、山﨑理恵さん(2017/08/18)

前週に続いて「特定非営利活動法人みらい予想図」の理事長、山崎理恵さんをお迎えしました♪





複数の障害を持って生まれてきた次女・音十愛(おとめ)さんの子育て経験をもとに、重症児のためのデイサービス施設の立ち上げを目指している山﨑さん。今年4月には、その運営母体となるNPO法人「みらい予想図」を設立しました。設立にあたっては子育て仲間のお母さん方に協力を呼びかけ、中でも最も重度の障害を持つお子さんのお母さんが副理事として参加してくれたことが大変心強かったと語ってくださいました。実はそのお母さんも「障害を持つお子さんを授かったからには自分にも何か使命があるはず」とお考えだったようで、NPO法人の立ち上げに必要な事務作業を一手に引き受けてくれたんだとか。いろんな方々の思いがいっぱい詰まった「みらい予想図」なのです♪



山﨑さんが設立する重症児デイサービス施設はいよいよ9月にオープンする予定です。

その名前は・・・重症児デイサービス「いっぽ」!

NPO法人みらい予想図として踏み出す “第一歩” であると同時に、重症児が輝く未来に歩み始める “第一歩” になりたいという思いが込められています。

場所は、高知市朝倉南町1-12
土佐道路にあるフジグラン高知店の一本北の通り沿いです。

当初は賃貸物件を探していたそうですが条件に合う物件が見つからず、こちらを購入したんだとか。というのも「朝倉地区」という条件をどうしても譲りたくなかったそうで、国立病院機構高知病院のほか、重症児が通う学校にも近いので、利用者の皆さんの負担が少ないことが最大の理由だったそうですよ。

現在は建物改修工事の真っ最中!
9月1日~3日にプレオープンし、9月4日から正式な受け入れがスタートする予定です。この施設を立ち上げるにあたり、多額の借金をした山﨑さんですが、高知新聞の連載や各地での講演などを通じて「彼女を応援したい!」という方々が多数手を挙げてくださり、たくさんの募金が寄せられています。そんな大勢の皆さんからの支援に感謝し、「この施設を成功させることが私の使命!」と語る山﨑さん。その強い意志と、抜群の行動力に尊敬の念を抱かずにはいられません。


◎NPO法人みらい予想図への募金は下記で受付中です。
 郵便振替口座 01670-1-42920
 口座名  特定非営利活動法人みらい予想図





 ■ 山﨑理恵さんからのリクエスト曲

 ♪ Maybe / 中島みゆき

 女性が自分を奮い立たせるような応援ソング。
 世の中の逆風に負けず、颯爽と歩いていく女性が
 強い気持ちを持って力強く生きていく姿が
 歌われていて、山﨑さんの応援歌でもあります。





9月に重症児デイサービス施設「いっぽ」を立ち上げる山﨑さん。
この施設をどのように活用してほしいかをお聞きしました。

目的のひとつは「お母さんたちのレスパイト(休息)」
ご自身もかつては24時間365日付きっ切りだった時期がありましたが、自分の時間など持てるはずはなく、疲弊しきっていたそうです。そんなお母さん方に必要なのは“休息の場”!たとえ数時間であっても我が子を安心できる施設に預けることで、束の間の休息をとってもらいたい。山﨑さんはそう考えています。

また「お母さん同士の情報交換や新しい出会いの場をつくること」も目的のひとつ。実は山﨑さんは、障害児を持つ子育て仲間のお母さんが自殺するという辛い経験をしています。もしもあのときに、彼女にとっての出会いの場があって、力強く生きていくことに繋がっていくご縁があったなら、今でも彼女が笑っていられたかもしれない ──。重症児デイサービス「いっぽ」がそんな場になれればという思いも強いそうです。

もうひとつは「子供の発達につながる場になること」
どんなに重い障害があっても、その子に合わせた発達はあります。そういう発達を促せるような取り組みをしていきたい。スタッフには、いろんな資格を持つ専門職が揃っているので、そうした発達に視点を合わせてお預かりすることを心掛けていきたいと語ってくださいました。



最後に、山﨑さんの今後の目標や夢を伺いました。

《目標①》9月の事業開設に向けて全力投球!
皆さんから大きな期待をいただいている施設なので、利用者様に喜んでいただける施設にすることが目標です。自らの理念に従って、大事な理念をぶらさず、最初の一歩を踏み出していくことが大切だと思っています。

《目標②》重症児が地域で幸せに輝きながら暮らせる未来を創ること!
放課後デイサービスをはじめ障害児を子供の頃に支援する施設は出来ていますが、親御さんが心配しているのは大きくなったあとのこと。いつまでも地域で輝きながら暮らして欲しい。そのためには高校卒業後の生活支援が出来る施設もつくりたいと考えているそうです。


山﨑さんはこれまでの人生を振り返って、何かを選ばないといけないときに、いつの頃からか《大変で困難な道》を選ぶようになったと語ってくれました。その結果、《楽な道》を選ぶよりも得るものが大きかったそうで、それによっていい出会いにも恵まれたと感じているそうです。様々な困難に直面しても、笑顔を武器にそれを乗り越えてきた山﨑さん。輝く未来に向かう “第一歩” が大成功となりますようお祈りしています



山﨑理恵さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。
女子3人による “すっぴんトーク” を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #046 山﨑理恵さん(2017/08/18)


次週は「有限会社下田食品」の代表取締役、下田知加さんをお迎えします。

高知市土居町で豆腐や油揚げ、こんにゃくなどを製造販売している下田さん。仕事にかける思いや今後の夢について伺うほか、自社商品や雑貨などを販売する直営店『felille bois(フェリル・ボワ)』についてもたっぷり語っていただきます。次週もどうぞお楽しみに!



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre