FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#066「高知いちょう医院」院長、高橋亜佐子さん(2018/01/05)

新年あけましておめでとうございます♪
今年も『Myスタイル すっぴんトーク』をよろしくお願い致します☆ Uo・ェ・oU ワン

2018年最初の放送は、前週に続いて「高知いちょう医院」院長、高橋亜佐子さんをお迎えしました♪





「高知いちょう医院」では漢方薬を使った《漢方外来》も行っています。
これは高橋さんが「西洋医学だけでは治療としての限界がある」と感じたことから始めたそうで、ある症状ひとつを取ってその部分を治療するだけなく、全体的な身体のバランスを取っていくのに漢方薬が非常に有効だと実感したことから取り入れたんだそうです。《女性外来》では漢方薬を処方するケースがほとんどになってきたそうですよ。

また漢方には、「健康」とまで言えないが「病気」と診断される程ではないという“健康と病気の間の状態”を指す「未病」という概念があります。西洋医学ではこの状態は治療の対象となりませんが、漢方ではこの「未病」の状態でも治療の対象とするそうで、自分の身体の不調を察知して病気を未然に防ぐという意味ではとても重要な考え方だと言えそうです。

また漢方薬は、身体にやさしく、時間をかけて緩やかに穏やかに効いてくるというイメージがありますが、中には劇的に効果が出ることもあります。例えばこれからの季節流行ってくるインフルエンザも「麻黄湯」という漢方薬だけで十分に治すことができるとのこと。自然治癒力を高めることで病気に打ち勝つことができるそうですよ。



また《訪問診療》についても伺いました。
以前は入院治療を行っていた「高知いちょう医院」ですが、「入院医療」から「外来医療」に軸足を移してからは、副院長の高橋謙介医師が《訪問診療》に力を入れています。具体的には高齢のため通院できないから《訪問診療》をお願いしますという方もいらっしゃいますが、例えば末期のがん患者を家族が自宅で看取る場合にも《訪問診療》を活用してもらっているそうです。

そんな中で感じるのは、患者さんがご家族と一緒に過ごす時間の尊さ。病院のベッドではなく、住み慣れたご自宅で、家族に囲まれて過ごすことが、患者さんの心の安らぎに繋がりますし、それを見守るご家族も、自分たちが献身的に尽くすことで、最期まで看取ったあとに喪失感だけでない感情(やれるだけやったという充足感など)を得ることができるそうです。

医療の世界では「2025年問題」(=団塊の世代が75歳以上の後期高齢者 になる年)と言われ、介護・医療費など社会保障費の急増が懸念されるとともに、在宅医療への流れはさらに加速すると考えられています。高齢化が進む高知県では今後さらに在宅医療、訪問診療の重要性が増してきます。「老老介護」と言われる世帯でも、高齢の奥様がご主人を最期まで看取ることができるようなサポート体制の強化が求められています。




 ■高橋亜佐子さんからのリクエスト曲

 ♪ 歌うたいのバラッド / 斉藤和義

 お友達が贈ってくれたというこの曲は、
 歌詞やメロディから飾らない純粋な情熱が
 感じられ、自分の中の情熱と共鳴するので
 元気や勇気を貰えるそうですよ♪




「高知いちょう医院」では12月18日から「医療用インディバ」という高周波温熱機器を使った温熱療法を始めました。

「インディバ」は電気メスの発明者としても知られるホセ・カルベット博士により開発された高周波温熱機器。大きさの異なる2種の電極で体をはさみ、0.448MHzの高周波を体内に通電させることで体内にジュール熱を発生させ、身体を深部から温めることができます。また温まった血液が全身を循環するので血流が良くなり、「代謝が上がる」、「免疫力が高まる」などの効果が期待できるほか、「内臓脂肪の燃焼」、「便秘の改善」、「子宮内膜症や月経困難症の症状緩和」なども期待されます。

「高知いちょう医院」では、女性のみを対象に腹部への施術を完全予約制で受け付けています。施術時間は60分間、料金は税別12,000円です。詳しくは、高知いちょう医院のホームページをご覧いただくか、電話 088-875-8105 までお問い合わせください。





最後に、高橋さんの今後の目標や夢を伺いました。

《目標》西洋医学や漢方以外の手法、技術などを習得し、総合的な医療をしたい!
これまでにも医師として必要だと感じたスキルを習得してきた高橋さん。様々な経験を通じて最近実感しているのは、昔からよく言われている【病は気から】という言葉だそうです。気の持ちようが、精神面だけでなく、疾患にも非常に密接に関わっていると感じているので、気を『元気』にしていくような治療法(例えば気功やアロマセラピー等)を、ジャンルにこだわらず取り入れていきたいと語ってくださいました。

とても柔軟な考え方でフットワーク軽くいろんなことにチャレンジしている高橋さん。これからも患者さんの心に寄り添った医療を続けていってくださいね♪



高橋亜佐子さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子3人による “すっぴんトーク” を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #066 高橋亜佐子さん(2018/01/05)


次週は、ショウガ加工・卸の国内最大手「株式会社あさの」の取締役、浅野貴子さんをお迎えします。

ショウガの生産量日本一を誇る高知で年間1万トンのショウガを取り扱っている浅野さん。仕事にかける思いや今後の夢について伺うほか、ショウガぼ魅力を引き出す商品づくりについても語っていただきます。次週もどうぞお楽しみに!




スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

suppintalk816

Author:suppintalk816
『Myスタイル すっぴんトーク』
毎週金曜日 11:30~11:55 放送
Hi-Six エフエム高知(81.6MHz)

右:下村三和(ほっとこうち編集長)
左:山﨑はるか

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。