#080「土佐和紙工芸村QRAUD」取締役総支配人、西川美佐さん(2018/04/13)

前週に続いて「土佐和紙工芸村QRAUD」の取締役総支配人、西川美佐さんをお迎えしました♪





宿泊施設、レストラン、入浴施設、ギャラリー、各種アクティビティと、たくさんの楽しみがある「土佐和紙工芸村QRAUD」で総支配人として活躍されている西川さん。

総支配人と言っても、豪華な支配人室に座っているわけではなく、朝早くから夜遅くまで休む間もなく動いているそうです。朝食の手伝いに入ったり、フロント業務をこなしたりするほか、銀行に行ったり、デスクワークを片付けたりと、本当に大忙し!こんな毎日をもう10年も続けているので、これが西川さんの日常になっているそうですよ。

またパートも含めて22人いるスタッフを束ねていくのも総支配人のお仕事。
施設内には様々な部署があり、スタッフもそれぞれの部署で仕事をしていますが、お客様をお迎えするにあたって大切なのは部署間の連携を取っていくこと!そのためには、スタッフ全員が「QRAUDに来ていただいたお客様が満足してくださったのか?」を考え、自分の仕事をとおしてお客様に心地よさを感じていただくよう精一杯のことをしていくことが大事と語ってくださいました。



「土佐和紙工芸村QRAUD」ではいろんなイベントも開催しています。

4月2日には「夜桜パーティ」を開催!
桜並木に佇む趣のある蔵を愛でながらお酒とシェフ自慢の料理と素敵な音楽を楽しむ、毎年この時期恒例のイベントなのですが、今年は観測史上最も早いペースで桜が咲き、4月2日の時点では桜がほぼ残っていなかったそうです。。。
ですが、そんなときでもお客様をおもてなしするアイデアを考え付くのが「QRAUD」さん。3月下旬、満開の桜を、ドローンを使って撮影し、「夜桜パーティ」の日に映像を放映したんだそうです。徹底した“おもてなし精神”、素晴らしいですね!



また毎月第3火曜日には「ワイン会」も開催!
ワインアドバイザーがセレクトした4種類のワインと、シェフ自慢の料理を楽しめる人気の企画です。これまでに同じワイン、同じ料理をお出ししたことがないそうで、そんなこだわりもリピーターが多い理由のようです。ワイン好きの方はぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか?




 ■西川美佐さんからのリクエスト曲

 ♪ to U / Bank Band

 辛いことがあったときに出会ったという曲。
 聞いていると涙が溢れて来たそうで、
 特に「頑張らなくてもいいよ」の歌詞に
 支えられ、励まされたんだそうですよ♪




「土佐和紙工芸村QRAUD」では各種体験メニューも人気です!

4月から予約受付が始まったのが【カヌー&ラフト体験】です。
まさに仁淀川を代表するアクティビティで、毎年4月から10月まで受付。4月8日には川開きも行われました!

インストラクターも経験豊富なスタッフが揃っていて、初心者はもちろん、上級者も楽しんでいただける内容になっているそうです。また清流の証と言われるカワセミやヤマセミが見られるポイントにもご案内してくれるそうで、北海道や沖縄から来られるお客様もいらっしゃるそうですよ。





また《紙の町》いの町ならではの体験メニューが【土佐和紙の紙すき体験】!

オープン以来22年間続けているこのメニュー、伝統工芸である土佐和紙の紙すきを体験しながら、オリジナルのはがきや色紙をつくります。ラジオをお聞きの皆さんの中にも「小学校・中学校のときに紙すき体験した♪」という方も多いことと思います。最近では学校単位で体験しに来てくれて卒業証書をつくる学校も多いそうですよ。





最後に、西川さんの今後の目標や夢を伺いました。

《目標》時間を作って、いろんなものを見て、仕事に繋げていきたい!
2008年に指定管理者となって以来、10年間ずっと走り続けてきた西川さん。運営を引き継いだ当初は「何か変えなきゃ、変わらなきゃ」と思って焦っていたそうですが、10年経った今、「いつ来ても変わらないQRAUD」を感じていただきたいと思っているそうです。

実は東京からいらしたお客様がそのことに気付かせてくれたんだとか。
レストランでお食事されたときにそのお客様がこう仰ったそうです。

「ここのシェフは凄いね!
 3年前と味が変わっていないんだよ。
 これは凄いことだね、感動した!」


いつお越しいただいても変わらないQRAUD。
いつ来てもお客様が大切な時間をゆっくりと過ごしていただける、そんなQRAUDであり続けたいと、10年目にして気付いた西川さん。
これからも、仁淀川の魅力、いの町の魅力を、多くの方に伝えてくださいね



西川美佐さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子3人による “すっぴんトーク” を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #080 西川美佐さん(2018/04/13)


次週は「One's Life Studio」の代表、平石恵美子さんをお迎えします。

高知市桜井町で、ピラティス、ヨガを中心とした少人数制専門スタジオを経営している平石さん。仕事にかける思いや今後の夢について伺うほか、ボディ・コンディショニングの重要性についても語っていただきます。次週もどうぞお楽しみに!




#079「土佐和紙工芸村QRAUD」取締役総支配人、西川美佐さん(2018/04/06)

4月6日のゲストは「土佐和紙工芸村QRAUD」取締役総支配人、西川美佐さんです。



西川美佐さん
高岡郡四万十町のご出身です。結婚後、ご主人が行なっていた建設の仕事を手伝っていたときに、「土佐和紙工芸村」の指定管理者募集を知り、もともとサービス業に興味があったこともあって、思い切って応募!2008年に指定管理者となり、以来10年間、ホテルやレストラン、入浴部門の運営を行なっておられます。









子供の頃は「ままごと遊び」が大好きで「お店屋さんごっこ」などをしていたという西川さん。その延長線上で、高校生の頃には喫茶店でアルバイトをするなど、いま思い返せば「昔からサービス業に興味があったんだなぁ」と感じるそうです。

学校を出たあとは地元・窪川の「南国製菓」に入り、出荷係として全国に向けてお菓子を出荷。最初はいろいろと失敗もしたそうですが徐々に本領を発揮し、トラックの運転手さんに無理なことでも上手にお願いできるような交渉術を覚えたそうです。当時学んだことは今のお仕事にも活かされているそうですよ。

その後、結婚したお相手が吾川郡いの町で「西川建設」を経営するご主人でした。
「西川建設」は1967年にご主人のお父様が設立した会社で、近隣の道路や河川改修など、土木工事をメインにしている建設会社。西川さんは結婚後すぐに事務所へ入り、3人の子育てをしながら建設事務の仕事をしてきました。



そんなある日、「西川建設」に隣接する道の駅「土佐和紙工芸村」の指定管理者募集を知ります。当時は建設業に異業種参入の風が吹き始めていた頃で、建設の仕事だけでは先々やっていけないので何か新しいことをしなければという思いがあったそうです。またご主人のお父様でもある先代社長も「2人(西川さん夫婦)の得意な部分で何かやってみたらどうだ」と言ってくれていたこともあり、思い切って指定管理者に応募!審査を経て2008年に指定管理者となり、以来10年間、宿泊施設やレストラン、入浴施設など様々な魅力を持つ「土佐和紙工芸村」の運営を担うことになるのでした。



「土佐和紙工芸村QRAUD」

■ 所 在 地  : 吾川郡いの町鹿敷1226
■ 電話番号 : 088-892-1001
■ 営業時間 : レストラン 11:00~21:00(ラストオーダー 20:30)
         JA直販所 10:00~16:30(年末年始のみ休業)





 ■ 西川美佐さんからのリクエスト曲

 ♪ Happy / Pharrell Williams

 この曲のミュージックビデオは、働く人たちが
 曲に合わせて楽しく歌い、踊るという内容で
 「こんな風に仕事したいなぁ」と思ったんだとか。
 この曲のQRAUDバージョンを作りたいそうです♪




「土佐和紙工芸村」は1996年に道の駅としてオープンした施設で、2008年から「西川建設」が指定管理者として運営を担当。宿泊施設に入浴施設、各種体験メニューなど、ほかの道の駅にはない魅力を多く持つ施設です。


【宿泊施設】
和室が10ルーム、洋室2ルームの全12室で、室内はシンプル&ノーブルな空間。春夏秋冬、さまざまな表情を見せてくれる清流仁淀川のきらめきが 季節の移り変わりをやさしく教えてくれます。シンプルでコンパクトな宿泊施設には、街中の喧騒を忘れさせてくれる極上の時間が待っています。





【レストラン】
フレンチの修業をしたシェフが季節に合わせて地元の食材を活かしたメニューを提供。地元いの町の農家さんが作ったな野菜を使用するなど、ひとつひとつシェフにより厳選された食材そのもののお味をご堪能いただけます。レストランの大きな窓からは、中庭を望むことができ、 四季折々の自然を感じながらゆっくりとお料理をお愉しみください。





【入浴施設】
清流仁淀川の伏流水を使用し、薪で沸かしたQRAUDの入浴施設は、心と体を癒す様々な薬草が入った薬湯やサウナなどがあり、大きな窓から景色を眺めながらゆっくりと寛いでいただけます。薬湯は体の芯から疲れをじっくりと癒し、温めるので、入浴後も湯冷めしにくく、しかも薬湯ならではの香りもあって心身ともにリラックスできます。





【ウェディング】
地元いの町のウェディングプランニング「LES PLUS(レ・プリュ)」さんとタイアップし、《QRAUD WEDDING》を実施しています。"森の中のウェディング”をテーマに、中庭にサーカステントのようなテントを張り、その下で行う素敵なセレモニーをご提案。あなたも自然の風を感じながら、思い出に残る結婚式を挙げてみませんか?



5月4日(金)、5日(土)、6日(日)には「土佐和紙工芸村QRAUD」でウェディングフェアを開催!婚礼会場を作り上げ、実際に会場を感じていただきながら様々なご提案をしてくれるそうです。引き出物にお使いいただける商品の物販もありますので、興味のある方は是非足を運んでみてください♪



お仕事をするうえで西川さんが大切にしていることは、
◇相手が受け入れてくれるような、理解していただけるような伝え方が出来ているか?

お客様に対しては止むを得ずお断りをしないといけない場面があります。折角お越しいただいたにも関わらず、施設がメンテナンス中だったり、通常のご利用ができないなど、ご迷惑をおかけしてしまうときに、お客様にご理解をいただき、次また足を運んでいただけるようなご説明が出来るかを意識しているそうです。

10年前に運営を任されたときにはお客様に対しても、従業員に対しても、なかなか自分の思いを分かっていただけなかったという苦い経験を持つ西川さん。時を重ねて、相手に立場に立って説明をすることがやっと出来るようになったそうです。素晴らしいですね♪



西川美佐さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子3人による“すっぴんトーク”を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #079 西川美佐さん(2018/04/06)

次週は、西川さんのプライベートや、今後の夢について伺うほか、「QRAUD」の運営をとおして伝えたい思いについてもお話しいただきます。 どうぞお楽しみに!



#078 Natural Kitchen「Sasa's Lohas」笹岡理香さん(2018/03/30)

前週に続いて、Natural Kitchen「Sasa's Lohas」のオーナー、笹岡理香さんをお迎えしました♪





3月・4月は出会いと別れの季節です。
「Sasa's Lohas」では、お別れ会や茶話会、お花見などのお弁当も予約を受け付けています。

これまでに受けた最多の注文数は・・・「300個」!
いつもは、お店を手伝ってくれるお母様と2人でお弁当を作っていますが、100個を超える注文が入るとお手伝いの方に来てもらって作るんだそうです。300個だと、作るのに一体何時間かかるんでしょうか??

ちなみにお母様との作業分担について尋ねたところ、揚げ物とケーキ類の担当は笹岡さんで、煮物・和え物、そしてパンの担当がお母様とお答えいただきました。きっと親子ならではの息の合った作業をなさっているんでしょうね?

また配達エリアと合計注文金額の設定はありますが、お願いすれば個人のお宅にもお弁当を配達してくれるそうです。最近では、「出産後、食事の準備に困っている」というお母さんに、毎日お弁当を届けたこともあるそうです。食材にこだわった“ナチュラルでヘルシーなお弁当”ですので、産前産後のお母さんにはピッタリですよね?





また「Sasa's Lohas」さんのインスタグラムでは、一番人気の「玄米おむすびBOX」のおかずや、本日のスウィーツの写真がほぼ毎日アップされています。このインスタグラムを見てお店に買いに来てくれる方も増えているそうです。だって、写真から美味しさが伝わってくるんですもの(=^o^=)

他にお店の営業予定や出張販売の予定なんかも掲載されますし、たまに美味しそうな動画もアップされますので、「Sasa's Lohas」さんのインスタグラムを是非ぜひフォローしてみてください♪




 ■笹岡理香さんからのリクエスト曲

 ♪ 蒼氓 / 山下達郎

 この曲は、達郎さんの楽曲の中でも
 ちょっと重めな歌詞のナンバーですが、
 人生について考えさせてくれる曲なので
 とても大事にしている1曲なんだそうです♪




春になって暖かくなってくると野外でのイベントも多くなってきます。「Sasa's Lohas」さんでは県内各地で行われるイベントに参加して出張販売をすることも多く、その人気からお声を掛けていただく機会も多くなってきました。笹岡さんご自身がイベントでの出張販売がお好きだそうですので、都合が合えば出来るだけ参加したいと語ってくださいました。

イベントで人気なのが・・・「ササロハ丼」!
丸い容器に玄米をよそって、その上におかずを盛り盛りに乗せるメニューで、イベントだけで販売されることもあってとても人気があるそうです。

こういったイベントに参加すると、いつもはお店に来られない方との出会いもありますし、お客さんと直接対話が出来たりするので、仕事に対するエネルギーをもらえると語る笹岡さん。野外でのお祭りという開放感もあって、心が弾む瞬間なんだそうです。

ここのところ毎回参加している【ヴィレッジ ~モノと食、音が奏でる土日市~】へは、今年も参加が決定しています。
今年の開催は、5月19日(土)20日(日)です。当日はたくさんのブースが出店されますので、鏡川みどりの広場・鷹匠公園・山内神社にぜひ足を運んでみてください!





最後に、笹岡さんの今後の目標や夢を伺いました。

《目標》あらゆる世代の方が『日常生活で何気なく活用できる心理学』を学べる場所をつくりたい!
中学校・高校と[そううつ病]で苦しんだという笹岡さん。当時は、うつ状態と どう向き合い、どう付き合っていくかを学んだり、簡単な心理学を活用することで日常生活が少しでも過ごしやすいくなると思っていたそうで、その後、心理学の講座を受講したこともあるそうです。そんなご自身の経験もあって、これからは心理学の勉強と活用にシフトしていきたいと語ってくださいました。

とはいっても、飲食のお仕事を辞めるわけではなく、そんな学びの場で「玄米おむすび」や「具だくさん味噌汁」を提供したいとお話しいただきました。[心の安らぎ]や[幸福感」を得るという意味では、食べものによる効果も大きいですよね。
これからも、美味しくて、心と身体がホッとするようなお料理を提供して行ってくださいね



笹岡理香さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子3人による “すっぴんトーク” を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #078 笹岡理香さん(2018/03/30)


次週は「土佐和紙工芸村くらうど」の取締役総支配人、西川美佐さんをお迎えします。

宿泊施設、レストランのほか、ギャラリーやスパなど、様々な魅力を持つ「くらうど」の“舵取り役”を務めている西川さん。仕事にかける思いや今後の夢について伺うほか、仁淀川のほとりというロケーションを活かした各種アクティビティについても語っていただきます。次週もどうぞお楽しみに!




#077 Natural Kitchen「Sasa's Lohas」笹岡理香さん(2018/03/23)

3月23日のゲストは、Natural Kitchen「Sasa's Lohas」オーナー、笹岡理香さんです。



笹岡理香さん
高知市のご出身です。衣料品販売や百貨店勤務などを経て、2人の子供を授かり、その後29歳でシングルマザーに。母親として“安全で安心な暮らし”に興味を持つようになります。34歳のときに玄米菜食のカフェ「ササズ・ロハス」をオープン!2015年にはテイクアウト専門店・Natural Kitchen「Sasa's Lohas」へとシフトチェンジし、お客様にロハスな暮らしを提案しています。







笹岡さんのお母様は、料理はもちろん、お菓子に至るまで何でも手作りしていたそうで、笹岡さんは幼い頃から市販のスナック菓子などは食べたことがなかったそうです。そんな料理上手なお母様の隣で料理を始めた笹岡さんは、高校では「生活科」という、家庭科の多い学科に進学しました。

その後、衣料品販売や百貨店勤務を経て結婚、2人の子供を授かりますが、29歳でシングルマザーに。当時お子さんは3歳と1歳だったそうで、母親として2人の子供を健康で心豊かに育てていくにはどうしていけばいいかを考えていたときに、友人から「暮らしの中には様々な化学物質があり、その危険性を知らないまま生活している人がほとんど」であることを教えてもらい、大きな衝撃を受けたそうです。



その後、環境ホルモンのことや、発ガン性物質のこと、予防医学やメンタルヘルスを学び、「ロハス」という言葉に出会います。
ロハス(=LOHAS)とは、【Lifestyles Of Health And Sustainabilityの略で、直訳すると「健康的で持続可能な暮らし方」、平たく言えば「心と身体と地球に優しいライフスタイル」のこと。この「ロハス」という言葉と、安全安心な暮らしということがリンクして、そんな考えをお伝えできる場所をつくりたいと思った笹岡さん。料理上手なお母様のご協力と後押しもあって、2006年に玄米菜食カフェ「Sasa's Lohas」をオープンしたのでした。



 ■ 笹岡理香さんからのリクエスト曲

 ♪ Brave / ナオト・インティライミ

 ナオトの大ファンを公言している笹岡さん。
 6月10日の高知ライヴも当然チケットGET!
 実は京セラドームのライヴを収録したDVDにも
 笹岡さんの姿が映っているそうです。凄い!!




Natural Kitchen「Sasa's Lohas」

■ 所 在 地  : 高知市鴨部上町15-7
■ 営業時間 : 8:30~19:00
■ 定 休 日  : 土・日・祝日(土曜日は営業していることもあります♪)
■ 電話番号 : 088-828-4477




「Sasa's Lohas」では、玄米菜食のお弁当をメインに、心も身体もホッとするヘルシーなお弁当を販売しています。
一番人気は、玄米おむすび2つと、お肉やお魚を使っていない4種類のおかずがセットになった「玄米おむすび 日替わりBOX」!お肉の代わりに[車麩]や[高野豆腐]、[大豆ミート]などを使い、食べ応えも十分です♪
またそのほかに「玄米ごはんの日替わりお弁当」「大豆とお野菜の重ね煮キーマカレー」、「幸せ卵のふわとろオムライス」など、大地と太陽の恵みがいっぱいのヘルシーお弁当もラインナップ!1日1食の玄米ごはんで快腸、快眠、免疫力アップを実感される方も多いそうです。

またお弁当やお惣菜の他に、シフォンケーキやカップケーキ、天然酵母のパンなども販売中!乳製品・卵不使用の有機豆乳ケーキも予約受付中だそうです。お弁当はお母様が、お菓子は笹岡さんが作るんだそうですよ。親子ならではのチームワークですね。
実は今回、スタジオに「Sasa's Lohas」さんのお菓子詰め合わせをお持ちいただきました!美味し~い、シフォンケーキはふわふわで優しいお味。国産小麦に、有機豆乳、きび糖を使っているので風味もあって、後味もすっきり!皆さんもぜひお店に足を運んでみてください。



お仕事をするうえで笹岡さんが大切にしていることは、
◇お客様の大切な一食を、心も身体もじんわりと、ほっとしていただけるように
 と思いを込めて、常に優しい気持ちでいようと心掛けています!


最近はヘルシーな食事を心掛けている方も多くなり、「Sasa's Lohas」さんには妊婦さんや幼い子供さん連れの若いお母さんがいらっしゃることも多くなってきたそうです。お昼ごはんって、「時間がないからパッと済まそう」とか、「忙しいから食べるの諦めよう」という方もいると思いますが、朝も、昼も、夜も、それぞれがその方にとっての大切な一食です。「Sasa's Lohas」さんのナチュラルでヘルシーなお弁当で、ホッと一息つきませんか?



笹岡理香さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子3人による“すっぴんトーク”を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #077 笹岡理香さん(2018/03/23)

次週は、笹岡さんのプライベートや、今後の夢について伺うほか、イベントなどでの出張販売についてもお話しいただきます。 どうぞお楽しみに!



#076「マージナル高知」チーフ、中村佳代さん(2018/03/16)

前週に続いて、インテリアショップ「マージナル高知」の中村佳代さんをお迎えしました♪





「マージナル高知」では、家具以外に、照明やラグ、雑貨なども取り扱っています。

室内がグッと引き締まるライトスタンドや間接照明、気分を変えてくれるカーテン、ソファーの前に敷くラグ、季節感を演出してくれる花瓶など、「マージナル高知」の商品はどれもオシャレなんです!!

またアクセサリーも多数販売中!初めはあまり置いていなかったそうですが、中村さんがアクセサリー好きということもあって売り場がどんどん広がっているんだとか。県内在住のアクセサリー作家さんと知り合う機会も多く、今では「マージナル高知」にしか置いていないオリジナルのアクセサリーや、中村さんがセレクトした商品など、かなりの点数があるそうです。


▲(写真左) フランク・ロイド・ライトの「タリアセン2」 [フロアライト]
 (写真中) 高知のアクセサリー作家・masuさんのアクセサリー
 (写真右) お菓子みたいに美味しそうな箸置き♪

ほら、どれもオシャレでしょう!?



また「マージナル高知」では、不定期にワークショップも開催しています。
例えば、昨年12月には、コットンパールとガラスボールを使ったオリジナルネックレスづくりのワークショップを開催したほか、飛騨高山の木を使って時計を作ったり、カリンバという楽器を作ったりもしたそうです。

次回は今年の秋に開催する【飛騨高山の椅子展】に合わせて、何かしらのワークショップを行う予定だそうです。開催が近づいたら「マージナル高知」のInstagram / facebookに掲載するそうですので、興味のある方は是非チェックしてみてください。




 ■中村佳代さんからのリクエスト曲

 ♪ London In The Rain / Variety Lab

 お店を「マージナル高知」に改めた頃に
 店内でよく流していたという思い出の曲。
 それまではBGMがないお店だったので
 もの凄く印象に残っているそうです♪




高知の桜も咲いて、あと2週間あまりで新年度がスタートします!
春から新しい生活が始まるという方にオススメの商品を教えていただきました。

新しい季節、新しい生活で気分をリフレッシュしたいという方に向けて、中村さんがオススメしてくださったのが、ソファーの前に敷く《ラグ》です!お部屋のアクセントになる《ラグ》ですが、これを変えるだけでお部屋の雰囲気がガラッと変わります。

「マージナル高知」には、この《ラグ》のバリエーションが豊富に揃っています。家具を買い替えるのはなかなか難しいですが《ラグ》や《クッションカバー》で気分を変えてみませんか?
さあ、新しい春のスタートです!!





最後に、中村さんの今後の目標や夢を伺いました。

《目標》ずっとずっとお客様のお家のインテリアをお手伝いできること!
家具を販売して終わりではなく、アフターケアをとおして、ずっとお客様のお手伝いをさせていただきたいと語る中村さん。お気に入りの家具を長く使っていただいていると、例えば、ソファーの弾力がなくなったり、イスのバランスが悪くなってきたり、ベッドの寝心地が変わってくることありますよね?そんなときは「マージナル高知」にご連絡いただければ、すぐに調整に来てくださるそうです。

インテリアの仕事に携わるようになって23年、「マージナル高知」を始めて15年。お客様とのお付き合いも長くなりました。ご結婚の際に家具を買っていただいたお客様に、お子様が生まれ、やがてそのお子様が巣立っていくときもインテリアのお手伝いをさせていただく、そんな長ーいお付き合いをさせていただけることが、この仕事の喜びだと感じているそうです。
皆さんも是非「マージナル高知」に足を運んでみてくださいね



中村佳代さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子3人による “すっぴんトーク” を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #076 中村佳代さん(2018/03/16)


次週は、Natural Kitchen「Sasa's Lohas」のオーナー、笹岡理香さんをお迎えします。

高知市鴨部上町で、玄米菜食のお弁当や自然派素材のお菓子などを製造販売している笹岡さん。仕事にかける思いや今後の夢について伺うほか、ナチュラルでヘルシーな食事へのこだわりについてもお話しいただきます。次週もどうぞお楽しみに!




#075「マージナル高知」チーフ、中村佳代さん(2018/03/09)

3月9日のゲストは、インテリアショップ「マージナル高知」チーフ、中村佳代さんです。



中村佳代さん
安芸郡安田町のご出身です。会社勤務のあと結婚、嫁ぎ先が家具を販売する「四国寝具センター」だったことからインテリアの仕事に携わるようになります。その後、2003年には和歌山市に本店を持つ「マージナル」のフランチャイズに加盟し、「マージナル高知」として再オープン!オリジナルの家具や照明、雑貨など、素敵なインテリアをお客様に提案しています。







ご実家が仕出し業をしていたこともあって子供の頃から商売には慣れ親しんでいたという中村さん。会社勤めを経験したのち、いの町枝川「四国寝具センター」で勤務していたご主人と知り合い、結婚!すぐに家具の仕事に関わるようになります。
ただ当時の「四国寝具センター」は【ザ・家具屋】といった感じのお店で、薄暗い店内にたくさんの家具が所狭しと並べられ、お客様に商品をより安く提供することを第一とするような、ひと昔前の家具屋さんでした。

その後、高知にも大手の量販店が進出し、安さを売りにしたお店は徐々に勢いを失くしていきます。「四国寝具センター」もご多分に漏れず、年を追うごとに経営は厳しくなっていくのでした。
そんな中、中村さんご夫妻はお店のスタイルを変えようと考えるようになり、家具の見本市で知り合った和歌山市の「マージナル」本店を見に行くことになります。

期待と不安を抱えながら訪れた「マージナル」本店は、「四国寝具センター」とはまるで別世界!余りにも素敵な空間に中村さんご夫妻は感動し、フランチャイズに加盟して「マージナル高知」として営業することを決意するのでした ─。



2003年に店内を大リニューアルし、「マージナル高知」として再スタートした中村さん。ご夫婦が考えるオシャレな空間を追求したお店づくりで自信満々に営業し始めますが、お客様は思うように増えませんでした。

─ これまでのお店から余りにも変えすぎたからか?
─ いや、オシャレなお店にすればお客様は来てくれるはずなのに、どうして?
そんな悶々とした日々を過ごしていた中村さんご夫妻に、「マージナル」の営業マンさんが救いの手を差し伸べてくれました。

ある日、突然「マージナル高知」に現れたこの営業マンさん。お隣には、新潟にある有名な家具屋の社長さんが一緒でした。実はコレ、思い悩む中村さんご夫妻に何かアドバイスができないかと考えての作戦で、新潟から高知までクルマで遥々やって来てくれたのでした。ありがたいことですね~。

「マージナル高知」の店内を見回した社長さんが一言。
“ 君たち、このお店は何だね?ホントに訳のわからないお店や。 ”

呆気にとられて口をポカーンと開けている中村さんご夫妻に対して社長が続けます。
“ お店をどうしたいのかが全く感じられない…。 ”
“ 君たちはお客様の立場を全く考えていない…。 ”



その言葉を受けて、中村さんご夫妻は考えました。
これまでは自分たちが考えるオシャレを見せようと、ある種、非現実的な空間ばかりをつくっていたのではないか?これからは、お客様の日常の生活の中にさりげなく入っていけるような、現実的な中にもセンスがキラリと光る提案をしていきたい!また店内にも季節感を出せるようなディスプレイを配置して、来店されたお客様に少しでも感動をお届けしたい!
こうして店内を変えていくことで業績も徐々に回復、「マージナル高知」の素敵な店内を見に来てくださるお客様も増えていきました。

◎ 思い悩む中村さんたちを心配してくれた「マージナル」の営業マンさん。
◎ 独りよがりをズバリ指摘してくれた新潟の社長さん。
◎ そしてそれに応えて考え方を変えた中村さんご夫妻。

今の「マージナル高知」には当時のみんなの思いが込められているんですね❤



 ■ 中村佳代さんからのリクエスト曲

 ♪ Doo Uap, Doo Uap, Doo Uap / Gabin

 「マージナル高知」として再出発した際に
 店内BGMとして流していた曲のひとつ。
 この曲を聞くと、当時のワクワクした気持ちが
 すぐに甦ってくるんだそうですよ!




「マージナル高知」

■ 所 在 地  : 吾川郡いの町枝川2272-2
■ 営業時間 : 10:00~19:00
■ 定 休 日  : 毎週水曜日
■ 電話番号 : 088-892-0636




「マージナル高知」で取り扱っている家具は“家具の街”として知られる福岡県大川市や、佐賀、岡山、広島、東京などの家具製造メーカーのほか、岐阜県飛騨高山市の職人がつくったテーブルやイスなど、どれも中村さんのお眼鏡にかなったものばかりを取り扱っています。お客様の年齢層が幅広いのでいろんな商品を取り揃えていますが、共通して言えるのが「シンプル且つ素材感の素敵なもの」!どのテイストとも喧嘩せず、長く使っても飽きの来ないものを意識してセレクトしているそうです。

「マージナル高知」に来店されるお客様は、平日はご婦人やママなど女性の方が多く、週末にはカップルの方や、ご家族連れの方が多いそうです。実際にお家を建てられている方が新居に置く家具を選びに来たり、また将来のマイホームを夢見て「マージナル高知」の家具で想像を膨らませる方も多いのではないでしょうか?なんだかこんなお話を聞いていると、この週末「マージナル高知」へ家具を見に行きたくなりました♪



お仕事をするうえで中村さんが大切にしていることは、
◇店内でお客様にどう感じていただけるか?

家具の販売を続ける中で感じるのは、どのお客様も「お家を素敵にしたい」という思いは一緒だということ。なので、お客様としっかりとお話をさせていただいて、どんなライフスタイルなのか?日頃どんな過ごし方をしているのか?をお聞きしたうえで、お客様のスタイルに合った提案をしていくこと。

今から15年前に店舗リニューアルした直後は自己満足なお店づくりをしていたと振り返ってくれた中村さん。今ではお客様のことを第一に考えていらっしゃるんですね。



中村佳代さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子3人による“すっぴんトーク”を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #075 中村佳代さん(2018/03/09)

次週は、中村さんのプライベートや、今後の夢について伺うほか、春の新生活にオススメの商品についてもご紹介いただきます。 どうぞお楽しみに!



#074「ブランローズ」代表、佐田三千代さん(2018/03/02)

前週に続いて、ネイル&ビューティースタジオ「ブランローズ」の代表、佐田三千代さんをお迎えしました♪





「ブランローズ」が四国で最初に導入した水素吸入マシン「スイソニア」。
水素水500ml×42本分の水素が60分で体中の毛細血管に届く《加熱蒸気分解法》の吸入器で、鼻の粘膜から吸入することで、水素が全身の毛細血管に届けられるものです。

水素を吸入することで期待される効果は…、

①全身の血流が良くなる!
 吸入開始から20~30分で体がポカポカしてくるそうです。

②身体の中の悪玉活性酸素を体外へ出す!
 私達のカラダの中で発生する活性酸素の中で、健康な細胞を傷つける悪玉活性酸素。
 ストレスや激しい運動などでも大量に発生し、病気の9割の原因になるとも言われます。
 水素はそんな【悪玉活性酸素】とだけ結びつき、水(尿や汗)となり体外へ出します。

個人差はありますが3~5回くらいの水素吸入で「体が楽になった!」「アレルギーが楽になった!」「体力がついた!」などと感じる方が多いようです。健康な方は月に1回でもOKだそうですよ。

料金は60分で¥3,000!
お得な回数券や、ジェルネイルとの同時割引もありますので、詳しくは「ブランローズ」のホームページをご覧ください。






佐田さんのお仕事の話や、ときにはプライベートの話題も交えたブログ【ブランローズ 白ばらコスメのお仕事&子育て日記】は、2006年から約12年間、毎日更新している人気ブログ!今日こんなことがありました的なものから、生活の中で感じていること、ネイルにお越しいただいた方の仕上がり写真まで掲載されていて、毎日の更新を楽しみにしている読者の方も多いそうです。

またネイルにお越しになる方が「○月○日のこの人みたいにして!」と参考にしてくださることも多いんだとか。美しくなった指先、春らしく華やかなネイルを見ると、自分もやってみたいと思いますよね!?皆さんもぜひ一度覗いてみてください♪




 ■佐田三千代さんからのリクエスト曲

 ♪ Don't Stop Me Now / Queen

 美容の世界に入るきっかけとなった
 ノエビア化粧品のCMソングになっていた曲。
 佐田さんにとっては原点に立ち返ることが
 できるような1曲なんだそうですよ♪




「ブランローズ」では、個人を対象としたレッスンや、企業向けの研修、また美容の道を志す方へのスクールなど、様々なレッスンを行なっています。

メイクやネイル、お肌のお手入れ方法などをマンツーマンで教えてくれる個人レッスン、その名も「美れっすん」は、料金が30分¥1,000!お客様お一人お一人の魅力を最大限に引き出しながら、色やテクニック、トレンドメイクを提案しています。ちなみにいちばん多い希望は「上手な眉の書き方」なんだそうですよ。

また最近では「自社のスタッフ向けに講義してほしい」という企業様からの依頼も多いそうです。例えば「新入社員に向けてメイクアップ術を教えてほしい」とか、「ハンドマッサージを教えてもらいたい」とか、ご要望は様々です。高知でも、そんな意識の高い企業が増えてきているんですね!?

美容の道を志す方に向けたスクールも実施中!
フェイシャルサービスが出来るようになる講座や、ジェルネイルの講習が受けられるスクール、さらにはダイヤモンドネイルの資格を取れるコースなど、佐田さんが手取り足取り教えてくださいます。気になる方は「ブランローズ」までお気軽にお問い合わせください。



最後に、佐田さんの今後の目標や夢を伺いました。

《目標》美容と健康に絶対いいと思えるものだけを集めて、皆様に提案する!
世の中には美容・健康法がたくさん溢れていますが、自分自身が実際に体験して「これは絶対いい!」と思えるものだけをお薦めしていくこと、本物を見極めてお客様に届けていくことで、みんな一緒に楽しく元気に過ごしていきたいと語る佐田さん。またそんな美容法を健康法を明るく、楽しく伝えていくことで、お客様が笑顔になり、キレイになっていけるような空間にしていきたいとも語ってくださいました。

ワイワイガヤガヤ賑やかに話しながら、みんなでキレイになっていける「ブランローズ」に皆さんもぜひ足を運んでみてくださいね



佐田三千代さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子3人による “すっぴんトーク” を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #074 佐田三千代さん(2018/03/02)


次週は、インテリアショップ「マージナル高知」の中村佳代さんをお迎えします。

いの町枝川で、オリジナルの家具や照明、雑貨などを取り扱っている中村さん。仕事にかける思いや今後の夢について伺うほか、春の新生活に向けたオススメ商品も紹介していただきます。次週もどうぞお楽しみに!




#073「ブランローズ」代表、佐田三千代さん(2018/02/23)

2月23日のゲストは、ネイル&ビューティースタジオ「ブランローズ」代表、佐田三千代さんです。



佐田三千代さん
高知市のご出身です。短期大学を卒業後、全日空国際線のキャビンアテンダントを経て、高知へ帰郷し、20代後半は専業主婦として過ごします。その後、30歳をすぎて知人の紹介で「ノエビア化粧品」と出会い、美容の世界へ。現在は高知市愛宕町の「ブランローズ」で、ネイルやフェイシャル、メイクなど、“女性の美”のお手伝いをしています。







ご実家が学習塾を開いていたこともあって、中学生の頃から子供たちに勉強を教えていたという佐田さん。いま思えば、誰かに教えるとか、人前で話すとか、教壇に立つということがごく自然に出来ていたのかな~と振り返っていただきました。自分の考えを上手く伝えることや、話を聞く人がより理解しやすいように伝え方を工夫することなど、その頃から 今のお仕事につながる素地があったんですね。この話を聞いて、ものすごく納得してしまいました。

また子供の頃の愛読書は『家庭の医学』だったそうで、病気の原因を知ったり、人間の体や健康にも興味があって、当時は本気でお医者さんになりたいと思っていたそうです。美しさの基本は健康ですし、お肌のトラブルへの対処法などを知ることも医学的な知識が必要です。これまた今のお仕事につながっているんですね♪



そんな佐田さんですが、短期大学を卒業したあとは全日空国際線のキャビンアテンダントとして活躍!その後、高知へ戻って20代後半は専業主婦をしていたそうです。3人のお子さんを育てる毎日は、お肌のお手入れやオシャレなどとは程遠い日々で、毎日髪を振り乱して子育てしていたんだとか。今のお姿からは想像がつきませんよね。ちょっとビックリ!

その後、30歳をすぎて、ニキビやシミといったお肌のトラブルが増えてきたそうで、ママ友を通じて「ノエビア化粧品」と出会います。これがいわゆる【衝撃の出会い】!「ノエビア」のお仕事について、はじめは「化粧品をどれだけ多く売るか?」だと思ってあまり気が進まなかったそうですが、「ノエビア」のスタッフさんから《洗顔の仕方》を習ったことで目からウロコが!?
しかもこの《洗顔の仕方》を教えて差し上げるのが仕事ですと聞いて、「ん…?教える…?」と昔の記憶が甦り、これをたくさんの方に教えたい!この仕事をやってみよう!と思ったそうです。素晴らしいですね❤



こうして美容の世界に入り、たくさんの勉強を重ねた佐田さん。2007年には、「ノエビア」の中でも最上位ランクとなる販売会社に昇格し、ネイル&ビューティースタジオ「ブランローズ」として、たくさんの女性を美しくしてきました。詳しくは番組後半で!

「ブランローズ」

■ 所 在 地  : 高知市愛宕町3-9-7
■ 営業時間 : 10:00~19:00(不定休)
         ※休業日は ホームページ などでお知らせしています。
■ 電話番号 : 088-824-3333





 ■ 佐田三千代さんからのリクエスト曲

 ♪ My Way / Def Tech

 佐田さんが販売会社の認定を目指して
 寝る間を惜しんで勉強していた頃に
 よく聞いていたのがDef Techのこの曲。
 聞けば当時の記憶が甦るんだそうです!




ネイル&ビューティースタジオ「ブランローズ」の提供サービスは…、

■ フェイシャル(60分2,500円~120分4,500円)

■ ネイル(ジェルネイル、フットジェルネイル、ダイヤモンドネイルなど)

■ 水素吸入(60分3,000円)
 などなど。


佐田さん曰く、「ウチはエステサロンではありませんので、ラグジュアリー感はありません。常連さんは《居酒屋風サロン》と呼んでいます(笑)」
実はコレこそが「ブランローズ」の最大の特徴で、楽しくワイワイ話しながらキレイになれる。しかもお手頃なお値段で。だから続けられるんです!!

しかもお話上手な佐田先生がお肌のお手入れについても的確に指導してくれますし、初来店のお客様には目からウロコの《正しい洗顔方法》を教えてくださいます。
「そう言われると、私の洗顔の仕方どうなんだろう?」というそこのアナタ!ぜひ一度「ブランローズ」に足を運んでみてください。(はるかちゃんも、三和さんも行くって言ってました♪)



「ブランローズ」に来店されるお客様は、10代の学生さんから80代の方まで実に幅広い年齢の方がいらっしゃいます。また女性だけでなく、男性もフェイシャルやネイルにお越しになるそうですよ。男性と言えども、キレイなお肌や、清潔感漂う指先は好感度アップの大事なポイント!「女性ばかりのネイルサロンには入りにくい」という男性の方も是非お気軽に足を運んでみてください。きっとすんなりと入っていただけると思いますよ。なんせ《居酒屋風サロン》ですので(笑)



お仕事をするうえで佐田さんが大切にしていることは、
◇ネイルやフェイシャルをとおして、元気に楽しくキレイを応援すること!

女性でも、男性でも、自分のどこかがキレイになるというのは心の満足や心が元気になることに繋がると思います。また仕上がりのキレイさだけでなく、サービスを受ける過程も楽しんでもらいたい!それは会話の楽しさだったり、美の知識を得ることだったりするかもしれません。そういったことをお客様も一緒になってトータルで楽しんでもらい、満面の笑顔で帰っていただきたい!それが佐田さんの理想だそうです。

また、お客様が喜んでくださることは、佐田さんの喜びでもあります。時には叱ってくれたり、きちんとホームケアが出来ていたら褒めてくれたり、いつもお客様に寄り添ってくれる佐田先生のファンはたくさんいらっしゃるんでしょうね♪



佐田三千代さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子3人による“すっぴんトーク”を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #073 佐田三千代さん(2018/02/23)

次週は、佐田さんのプライベートや、今後の夢について伺うほか、インナービューティーをはじめとする様々な美の提案についても語っていただきます。 どうぞお楽しみに!



#072「Mam&Dad Crepe」、森真里奈さん、岡本詩保さん(2018/02/16)

前週に続いて、高知市越前町の「Mam&Dad Crepe」から、スタッフの森真里奈さんと岡本詩保さんをお迎えしました♪





2017年9月18日のオープン以来、5カ月が経とうとしています。
既に大勢のお客様がお店を訪れ、その様子をSNSにアップしている方もたくさんいらっしゃいます。少しご紹介しますと…、



■お店に入るとすぐに「いらっしゃいませ!」という明るい声が。
 店内のメニューには写真が付いているのが嬉しい。

■注文した「チョコバナナクレープ」は、多すぎない生クリームで食べやすい。
 包んでいる紙もカワイイ❤

■どこまでもウッディでラブリーなお店!
 店内の小物を見ているだけで楽しくなってきます。

■ずっと行きたかった「マムアンドダッドクレープ」さん!
 とっても可愛くオシャレなお店でした。




ホントに大絶賛!
自分が気に入ったお店って誰かに教えたくなりますよね。まさにその心理が表れたような書き込みです。

「Mam&Dad Crepe」を訪れるお客様は、学校帰りの女子中高生とか、デート中のカップルとか、休憩中のサラリーマンとか、様々です。先日、番組スタッフがお店に入るお客様をしばらく眺めていましたが、みんな楽しそうな笑顔で入っていくのが印象的でした。今から甘いものを食べるぞ♪って時は、みんな笑顔になるんですね~。



先週は「Mam&Dad Crepe」の豊富なクレープメニューをご紹介いただきましたが、実はドリンクメニューも充実しているんです。

例えばお店でお出ししているコーヒーは“喫茶店のクオリティ”でご提供できるように、コーヒー豆にもこだわり、一杯一杯挽きたてで淹れています。だから美味しいんです!!

【ドリンクメニュー】
《180円》 ▶コーヒー(HOT/ICE) ▶ウーロン茶 ▶紅茶(HOT/ICE) ▶オレンジジュース
      ▶グレープフルーツジュース ▶アップルジュース ▶レッドオレンジジュース
《200円》 ▶カフェオレ(HOT/ICE)
《230円》 ▶コーンポタージュ ▶コンソメスープ
《450円》 ▶ビタミンスムージー ▶グリーンスムージー ▶チョコバナナスムージー
      ▶いちごバニラスムージー




また今年1月から登場した新メニューが『アフォガード』!
バニラアイスの上に淹れたてのエスプレッソをかけて召し上がっていただくメニューで、通常の『アフォガード』と『キャラメルアフォガード』があります!甘くて冷たい[バニラアイス]と苦くて熱い[エスプレッソ]の絶妙なハーモニーをお楽しみください。




 ■岡本詩保さんからのリクエスト曲

 ♪ Living In My Skin / HEY-SMITH

 全編英語の歌詞なんですが、
 聞くとテンション上がること間違いなし!
 アップテンポなこの曲に乗せられて
 今日も気持ちを上げていきましょう♪




「料理」が趣味という森さんと、「カフェでゆっくりすること」が趣味の岡本さん。お2人とも、なんだか仕事につながりそうな趣味ですね。

ちなみに「新商品レシピ開発担当」の森さんは常にお店の新メニューを考えているそうです。お店にとってはトップシークレットである《新商品の構想》をこっそり聞いてみました。(こっそりのはずでしたがラジオではっきり言ってもらっちゃいました!?)

いま考えているのは「ランチメニューの充実」!
おかずクレープに並ぶランチメニューとして、ナント!おにぎりの発売を考えているそうです。えっ、クレープ屋さんでおにぎり??面白い発想ですね~。高知市越前町のお店の周りにはあまり食べもの屋さんがないそうで、近隣の方にもご来店いただけるようにおにぎりを売って行きたいと思っているそうです。

でも森さん!ラジオで言っちゃったら本当にやるしかないですよ。発売が決まったら番組に教えてくださいね~。



最後に、お2人の今後の目標や夢を伺いました。

まずは森さん!
《目標》もっとたくさんの方に「マムダッド」のクレープを食べてもらいたい!
そのためには店舗拡大していきたいと熱い気持ちを語ってくださいました。やはりお店の立ち上げからずっと携わっているのでお店への思いは人一倍!番組収録に立ち会ってくれていた桝井オーナーも頼もしく思っているそうです。

続いては岡本さん!
《目標》毎日楽しく営業していきたい!
「クレープを作ることも、イラストを描くことも、お店や商品の写真を撮ってSNSにアップすることも、どれも楽しいからやっている、やっぱり仕事は楽しくなくちゃ♪」と語ってくれた岡本さん。個人的には《結婚》が目標なんだそうですよ❤


お2人とも、若くて、可愛いのに、お店のことも、自分の将来のこともちゃんと考えていて、その姿がとても眩しかったです。またお店には他にも明るくて笑顔が素敵なスタッフがいらっしゃいます。(桝井オーナーもとっても面白い方です!本業はお掃除屋さんです!)

皆さん、ぜひ一度「Mam&Dad Crepe」を訪れてみてください。きっとみんな「マムダッド」のファンになると思いますよ。



森真里奈さんと岡本詩保さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子4人による “すっぴんトーク” を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #072 森真里奈さん・岡本詩保さん(2018/02/16)


次週は、ネイル&ビューティースタジオ「ブランローズ」の代表、佐田三千代さんをお迎えします。

高知市愛宕町で、ネイル、フェイシャル、メイクなど、“女性の美”のお手伝いをしている佐田さん。仕事にかける思いや今後の夢について伺うほか、《笑顔とキレイの秘訣》についても教えていただきます。次週もどうぞお楽しみに!




#071「Mam&Dad Crepe」、森真里奈さん、岡本詩保さん(2018/02/09)

2月9日のゲストは、高知市越前町「マムアンドダッドクレープ」から、スタッフの森真里奈さんと岡本詩保さんです。



森真里奈さん
高知市出身の現在27歳です。飲食店勤務やアクセサリー販売員などを経て、「マムアンドダッドクレープ」へ。オーナーとともに一からお店づくりに携わり、現在は「新商品レシピ開発担当」として日夜おいしいメニューを考えています。



岡本詩保さん
高知市出身の現在25歳です。アパレル関係やアイスクリーム販売店勤務を経て、「マムアンドダッドクレープ」へ。クレープづくりでは抜群の腕を発揮しているほか、「SNS担当 兼 イラスト担当」として店のカワイイを演出しています。





▲店の制服で来てくれた森さん(中央左)と、ロリィタファッション大好きの岡本さん(中央右)


森さんは飲食店勤務などを経て、「マムアンドダッドクレープ」の桝井オーナーが手がける清掃会社に入社。甘いもの好きなオーナーが「男性が1人でも入れるような可愛すぎないクレープ屋をつくる!」と宣言し、オーナーと一緒に一からお店づくりを始めました。店内の改装に使う木材を選ぶところから始めたというから、お店への愛情は人一倍!木をふんだんに使った温かみのある店内には真里奈さんのアイデアやこだわりが詰まっています♪

一方、他店でクレープづくりの経験があった岡本さんは、お姉さんが買ってきた「マムダッド」のクレープを食べて、「あっ美味しいな! ここで働きたいな!」と思い、入店!スタッフの中でもクレープづくりの腕はピカイチで、入店直後から即戦力として活躍したそうです。またクレープづくり以外に、イラストの才能も発揮!お店のキャラクターである《マムダッドファミリー》にいろんな表情をつけて、店内の壁に描くなど、お店では“画伯”と呼ばれているそうですよ!?



「マムアンドダッドクレープ」は、2017年9月18日、高知市越前町にオープン♪

街を歩いていると、突如アメリカンでウッディなお店が出現!気軽に入っていただけるように扉を付けてなかったり、クレープを作っているところを見ていただけるようなつくりにしたりと、細部にまでこだわったお店になっています。



「マムアンドダッドクレープ」

■ 所 在 地  : 高知市越前町2-5-14
■ 営業時間 : 12:00~18:00(不定休)
         ※休業日は Twiitter などでお知らせしています。
■ 電話番号 : 090-1329-3919





 ■ 森真里奈さんからのリクエスト曲

 ♪ サヨナラホームラン / スガシカオ

 モチベーションが下がっているときに
 この曲を聞いて、前向きに頑張ろうと
 気持ちを切り替えているそうです。
 森さんにとって元気になれる曲ですね!




「マムアンドダッドクレープ」さんの豊富なメニューをご紹介いただきました!




クレープは大きく分けて《おやつクレープ》《おかずクレープ》の2種類があり、定番のチョコバナナや生いちごホイップなどの甘い系が《おやつクレープ》、ランチにピッタリなハムエッグや照り焼きチキンなどのガッツリ系が《おかずクレープ》です。

《おやつクレープ》には各種トッピングが出来て、+20円で「チョコレートソース」「キャラメルソース」「練乳」を、+50円で「ミックスナッツ」や「グラノーラ」を、+100円で「アイスクリーム(バニラ・チョコレート・イチゴ・抹茶)」を乗っけられるそうです❤

また人気上昇中なのが「白玉あずき抹茶」「白玉あずききなこ」「いちご大福」の和風3兄弟!ほかにも、炭酸せんべいでホイップをサンドした「ホイップせんべい」(1枚80円)は子供たちにも大人気ですし、季節限定の商品も注目です!

現在は、バレンタイン期間限定の「生チョコクレープ」(500円)が登場♪ クレープ生地にもココアを入れて、最期までチョコたっぷり、生チョコ大盛りのスウィーツな商品になっています。期間限定ですので、さぁ今すぐ、高知市越前町の「マムアンドダッドクレープ」さんへ急げ~!!





お仕事をするうえで大切にしていることを伺いました。

お2人とも挙げてくれたのが「笑顔」!
いらっしゃいませ~、ありがとうございました~の挨拶に、心からの笑顔が添えられたらもう完ペキです!挨拶と笑顔ってお店に対する好感度にも繋がりますし、それが評判となって他のお客様が来てくださるきっかけにもなりますよね。

また他にも、森さんは「何事も本気でやること」を挙げてくれました。
お仕事をしているときにいちばん楽しいのは「お客様とお話すること」。何事も本気でやって、そのうえで「仕事の楽しさ」を自ら見出していくことが大切だと語ってくださいました。

また岡本さんがもう一つ挙げてくれたのが「フォトジェニックな商品づくり」。
いまの時代、クレープは “美味しい” のはもちろん、“魅せる” ことも重要です。思わず写真を撮りたくなるような、美味しそうなクレープをつくり、「マムダッド」のクレープを多くの方に知ってもらい、食べに来てもらう ─。

オーナーとスタッフの熱意にあふれた「マムアンドダッドクレープ」のクレープを是非召し上がってください!!



森真里奈さんと岡本詩保さんをお迎えしてのトークの模様は下記のページでもお聞きいただけます。女子4人による“すっぴんトーク”を是非お聞きください♪

  すっぴんトーク #071 森真里奈さん・岡本詩保さん(2018/02/09)

次週は、お2人のプライベートや、今後の夢について伺うほか、現在開発中の新メニューについても語っていただきます。 どうぞお楽しみに!



プロフィール

suppintalk816

Author:suppintalk816
『Myスタイル すっぴんトーク』
毎週金曜日 11:30~11:55 放送
Hi-Six エフエム高知(81.6MHz)

右:下村三和(ほっとこうち編集長)
左:山﨑はるか

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR